おやすみ百貨店

16

Dec.2015

/

ヴィヴィアン・マイヤー写真集
『 Vivian Maier: Street Photographer 』

IMG_5658

こんばんは。もりじゅんです。

今夜は久しぶりのおやすみ百貨店。
わたしからオススメの写真集を1冊ご紹介します。

Vivian Maier: Street Photographer


本のご紹介の前に、まずは映画のお話をしなければなりません。
10月より公開されているドキュメンタリー映画
ヴィヴィアン・マイヤーを探して』 公式HP  → こちら

あらすじ
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2007年、シカゴ在住の青年がオークションで大量の古い写真のネガを手に入れる。
その一部をブログにアップしたところ、素晴らしい!と賛辞が次から次へ。
いつしか主要メディアが絶賛するまでに!発売された写真集は全米売上No.1を記録し
NY・パリ・ロンドンでいち早く展覧会が開かれるや人々が押し寄せた。
撮影者の名はヴィヴィアン・マイヤー。すでに故人で、職業は元ナニー(乳母)。
15万枚以上の作品を残しながら、生前1枚も公表することがなかった。
彼女になぜこれほど優れた写真が撮れたのか?
なぜ誰にも作品を見せなかったのか?という謎に迫っていくドキュメンタリー映画。
(文、公式HP参考)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


話題の映画ですので、ご覧になられた方もいらっしゃるでしょうね〜。
私はこのあらすじを知った時、なんだか興奮を抑えきれない感じでした!
まずは、どんな写真なのだろう?と写真に興味深々。
そして、大量の写真を残しながら生前1枚も発表しなかったという
ヴィヴィアン・マイヤーという女性への興味。

謎は、人をワクワクさせるものですよね。

まだこれから、関西で上映予定の劇場もあるみたいですので
興味のある方は是非、HPをチェックしてみてくださいね。

映画の感想は、、とても深く頭と心をぐるぐるにされた感じです。
(何のこっちゃ?でスミマセン。)

そして、やはり写真が素晴らしかったのです。
映画上に登場する彼女の写真から、目が離せなくなりました。
なので買ってしまいました、写真集!それが、今回のオススメの本なわけです。

名だたる写真家が彼女の写真を高く評価していますが
もともと彼女の写真を賛辞し認めたのは、ネット上の一般の人々。
彼女の写真には、広く、普遍的に伝わる何かがあるのでしょう。

IMG_5641

IMG_5648

IMG_5644

IMG_5642



生前の彼女を知る人たちから「ミステリアス」「変わり者」などという
言葉が出てくる、ヴィヴィアン・マイヤー。
謎の多い女性であり、映画でも彼女の人物像を多角的に追うわけですが
なんとなく輪郭が掴めたような掴めないような、、そんな感じで終わります。
生きていても一人の人間の像を正しく一点に結ぶなんて不可能。
まして、今は亡き人ならなおさら。

だからこそ、写真を観たくなります。
写真は、彼女の目が見たもので。それだけが確かなことのように思えます。

写真集をめくっていると、彼女を感じます。
一人の人間の人生の重さ。
彼女にとって世界はどんなだったか。

そしてまた、写真とはなんだろう?
って答えの出ない迷宮へと誘われていく、もりじゅんでした。

興味出た!って方は是非。



IMG_5640-2


WRITER

じゅん


編集スタッフ
しゅふ



おやすみ百貨店

おやすみ百貨店は、カクウの百貨店。
「午後8時からのウィンドウショッピング」
がコンセプト。 アメヒヨメンバーがセレクトした、かわいい雑貨や、使いやすい日用品、ちょっと変な物まで、 気になる商品ならノージャンルで紹介してゆきます。
いまはまだ架空の百貨店だけど、いつか本当にお買い物できる日が来るかもしれません。

NEWS & EVENTS

ALL