アメヒヨ不動産 リノベ企画

29

Apr.2020

/

VOL.9 プランを練る


2月。

解体も終わり、やっと大工さんに現場に入ってもらうことになった。

工務店のUさんともまだ具体的な話ができていなかったので、

大工さんが現場に到着する前に打ち合わせをすることに。


解体工事が終わって地面の土が見えている状態。

_DSC2744

それまでに何度か来ては直接地面に棒で間取りの線を書き込みながら想像を膨らませていた。


昔空き地で行なっていた

「ここは私の部屋ね、ここは台所で、ここはお風呂!」

をリアルにする日が来るとは思っていなかった。

Uさんにもその線を見せながらザックリ説明していく。

こんな指示の仕方があるのだろうかと説明しながら面白くなってくる。


この辺が大体こんなんで、なんとなくこんな感じで、と曖昧な表現ばかりが続く。

まだまだ諸々不確定な状態。

いろいろ考えていたとはいえ、いざ解体してみて伽藍堂の状態を見ると

プランを練り直したくなってくる。

ひとまず屋根・基礎・天井から作業は入るとのことなので

細かいプランは後回しにして本当におおまかなことを伝えた。


しばらくして大工さんが来てくれたのだが、その第一声が


「え、ここ??」


ナナツモリ(私のお店)のリノベの時とは違い、若くて今時の感じの男性が、

施主の私がいることを知ってか知らずか何度も繰り返す。


え、これ?

え、マジ?


DSCF5475

なるほど、これが世間一般の反応か。

今まで周りの方はなんだかんだ暖かく見てくれていたことがわかる。

こういう職人さんとの間に入り調整してくれるUさんの存在を改めてありがたく感じた。

その場をUさんに任せそそくさとその日は退散した。


後日Uさんから電話が。

内容としてはまず基礎をやり直す必要がある、

特にロフトなどを考えているならその部分は必須、

もう少しプランがしっかりしないと職人さんが動き出せない、

解体・処分にかなり費用がかかる、

とのこと。


庭に山積みになっている元々の床や壁。

_DSC2733

そりゃお金もかかるわな、と思いつつ、想定外の出費ではある。

限りある予算の中で行わなければいけないリノベ。

もう一度きちんと打ち合わせをすることに。


2月某日。場所はナナツモリ。

用意した資料は

◯手書きの全体図

◯ややこしいキッチンカウンターのイメージ図&展開図

◯玄関のイメージ図

◯こちらで支給する予定のキッチンの資料

◯電気の位置を記した図面(図面と言えるものではない)

◯ガス・水道の位置を記した図面(図面と言えるものではない)


DSC_3313

などなど。

図面というのは共通言語だなというのをつくづく感じる。


「これはここにこうしてください」ではなく、

「なんとなくここ」「なんとなくいい感じに」くらいのことしか

書いていない私の手書きの図面を申し訳なく手渡す。


床の上に作る部分は変更できるとはいえ、

基本的な間取りはこれで決定となる。

本当にこれでいいのか?と何度も自問自答したけれど、

一度思いついた形を変えるというのはなかなか難しい。


購入前からあれやこれや考えていたのに、結局割とシンプルな間取りに終着した。

玄関入って左に寝室とウォークインクローゼット、

元々の間取りと同じく正面にお風呂・トイレなどの水回り、

右側がリビング・ダイニング・キッチン、

そして一番端にギャラリーとして使う小さな部屋。

ギャラリーの上はロフトになっている。


基本的に水回り部分以外は壁は立ち上げないので、

空間としてはゆるやかに分かれているとはいえほぼワンルームのようなもの。


Uさん曰く、今回お願いする大工さんは新築住宅をメインで行なっているため、

私のような「ざっくりでお願いします」という注文の仕方では作業を始められないらしい。

とにかくクレームに繋がってはいけないので、きっちり話を詰めた上で行いたいという

要望が出ているとのこと。


渡せるだけの資料をUさんに託す。

どうかこれでご理解いただいてはじめてくれますように。


これで進めそうです、と連絡があったのは2月ももう半ば。

予定よりどんどん遅れて、もはやいつできるのかよくわからないけれど、

とりあえず進めることに感謝しよう。


ちなみに世間ではこの頃からいよいよ新型コロナウイルス感染症の話題が毎日のように

テレビを賑わすことになってきた。

お風呂やトイレが手に入らない、という噂もチラホラ。

なんとなく不穏な空気が充満しながら閏年の2月が幕を閉じる。



WRITER

明日香


副編集長
カフェナナツモリオーナー



アメヒヨ不動産 リノベ企画

アメヒヨ不動産、リノベ企画課によるリノベーションドキュメンタリー。
住宅のプロSOUSEI監修の元行なったリノベプロジェクトや、
編集長タムラのマイホーム購入記などなど。
1軒のおうちがどんどん変わっていく様子を記録・紹介していきます!

NEWS & EVENTS

ALL