アメヒヨ不動産 リノベ企画 > プロローグ

04

Dec.2014

/

リノベーション、はじめます。

DSC_2884

アメカヒヨリカのメインプロジェクトの一つ「アメヒヨ不動産リノベ企画課」。

こちらは単純にリノベーション物件をご紹介するのではなく、
アメヒヨスタッフによるリアルリノベーションの様子を
ドキュメンタリーでお伝えしていきます。

今回はそのプロローグ。
そもそもリノベーションとは何か、
なぜそんな事をするのかについて、少しだけお話しを。


リノベーションって??


「リノベーション」とは既存の建物に改修工事を行い、
新たな機能をつけたり、価値を高めたりすることを言います。

ちなみによく似た言葉の「リフォーム」は、
老朽化した建物を新築の状態に戻すことを意味しており、
若干のちがいがあります。
マイナスのものをゼロにするのがリフォームなら、
リノベーションは+αの機能や価値観をつける、というイメージです。


リノベーションで生まれたカフェ


さて、アメヒヨ編集長・田村は奈良でナナツモリというお店をしています。

ナナツモリは古い事務所を改装して作りました。
「古い事務所」といっても、
巷にある元々レトロでかっこいいビルや町家などとは全くちがい、
もうまるっきり普通の、ただの事務所。
改装は費用削減のため、大工さんに直接依頼するような形で進めました。

自分達でどの壁をとるか決めて、

キッチンのスペースをどれくらいにするか決めて、

カウンターやドアの高さを決めて、

それをざっくりとした図面に書き、

あとは口頭で伝えながらという、
考えてみれば大胆な改装の仕方です。

壁紙はがしたり、ペンキ塗りや漆喰塗りは自分達で行ったりもしました。

名称未設定-1
それはとても大変でしたが、
ボロボロだった建物がどんどん自分達の思い描いているお店になっていくのを、
ワクワクしながら毎日眺めていました。

ずっと借り手のなかった建物に、いろんな人の手が入って、
新しい役割を与えられて、また輝き出す。
今思えば知らずにリノベーションを行っていたんですね。

実際に営業を始めてからも
ちょこちょこと内装は変化をしていきました。
新たに壁を立ち上げたり、窓を開けたり。
そんな風に今もどんどん手を加えていけるのは、
ナナツモリが完璧な状態で引き渡されたよそよそしい物ではなく、
自分達も変わっていった過程を知っている、
リノベーションでできた物件だったからだと思います。


生まれ変わらせることの面白さと大事さ


ナナツモリは店舗ですが、こんな風に「家」を作ってみたい。
そんな思いがずっとありました。
街を歩くたび「この家、絶対かわいく変身するだろうなぁ」と思う事もしばしば。
せっかく素敵に生まれ変わりそうだった家が、
あっけなくつぶされて残念に思う事もしばしば。

新しく生み出すことももちろん大事ですが、
既存の物をより素敵に輝かすことは、
現代の社会においてとても重要な気がしています。
それは家だけに限らず、様々な物、場面において。

今回SOUSEI株式会社監修のもと
新たに動き出すアメヒヨのリノベーションは、
そんな思いから生まれたプロジェクトです。

住まい手を失い、しょんぼりしている建物が、
また輝きを取り戻す瞬間を、ぜひ一緒にお楽しみ下さい!

ここだけの話、こちらで取り上げた物件は、なんと実際に購入することもできるのですよ。

WRITER

アメヒヨ管理人


アメヒヨ管理人



アメヒヨ不動産 リノベ企画

アメヒヨ不動産、リノベ企画課によるリノベーションドキュメンタリー。
物件探しからアメヒヨスタッフが足を運び、
1軒のおうちがどんどん変わっていく様子を記録・紹介していきます!
住宅のプロSOUSEI監修の元、最高にハッピーで素敵なリノベをお届けします。
そして、アメヒヨ不動産で紹介する物件は、実際に購入することができます!

NEWS & EVENTS

ALL