くらしの研究室 > おでかけ

23

Nov.2016

/

アンティークに触れる2days
第3回「関西蚤の市」《阪神競馬場》

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

/////////////////////////////////////////
昨年たくさんの人で賑わった
「関西蚤の市」
いよいよ12月に第3回目が開催!
前回の様子とともに
アメヒヨスタッフayaがご紹介!!
/////////////////////////////////////////



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨年の12月、2日間で2万人もの人が訪れた「関西蚤の市」
今年も約130ブースの人気店が集い、会場を盛り上げてくれます。
たくさんの人ですが、広さがありブースごとの間隔も大きめでゆったりと眺められる印象。
小さなお子さんと一緒の来場も多く、ベビーカーでも安心です。

主催するのは「布博」や「もみじ市」など、大人気イベントを手がけている手紙社。
それだけに古道具や海外アンティーク、古書や古着、フード店どれもが1度行ってみたかった!というお店ばかり。
10月に「東海蚤の市」、11月に「東京蚤の市」を経てクリスマス目前時期開催の「関西蚤の市」
いつもと違うプレゼント選びにも一役買いそうです。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ひとことにアンティークと言っても、店主の選ぶ目線でがらりと印象が変わるのもおもしろいところ。
私はどちらかというと「古道具」と呼ばれるようなアジアの、特に日本のものに惹かれます。
長年どこかで大切に使われていたであろう木のさじや器、小引き出し、ドクターチェア。
時を経てどんどん良い表情になり、凛とした佇まいは落ち着きを感じるほど。

アンティークショップに敷居が高く感じる人も、蚤の市だと入りやすく好みのお店も見つかりやすいですよね。
意外なものに惹かれたり、あきらめていたものに出会ったり。
前回じゅんさんが紹介してくれたアンティークショップのように、サラッと入りやすくて長く通えるお店を発見できるかも。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

会場内では、時間ごとにアーティストの方々の生演奏が心地良く響いてきます。
雰囲気に合ったゆるやかな癒しの音楽、楽しいメロディが花をそえフワフワと増してゆく高揚感。
他にも大道芸のパフォーマンスがあり、小さな子どもたちの目をくぎづけにしていました。
「中津箒」や「ben:chi」「アルフェテ工作室」ほか、魅力的なワークショップもありますよ。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

古書のお店は充実の十数店舗が参加。
セレクトが秀逸なお店ばかりなので、ジャンルそれぞれに魅力的です。
私は、乙女のためのかわいい古本「ハナメガネ商会」が気になるところ。
「本は人生のおやつです!!」という楽しい店名のついた本屋さんにはどんな本がならぶのでしょう。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

熱心に絵本を読む男の子、どんな本を読んでいるのかな




関西北欧市


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして今回も、もうひとつの楽しみ「関西北欧市」
北欧雑貨を扱うお店が一同に並んでいます。
関西の人気ショップがこんなに見られることはなかなかないので嬉しい限りですが、個人的にはよくネットショップを覗いていた北海道のお店「presse」を見れたことに感動!
今年も出店されるので、どんな雑貨が並ぶのか本当に楽しみです。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本でもイェンス・クイストゴーのデザインしたカップやお皿はとても人気の作品。
北欧のものは、現行品よりもヴィンテージの方が古道具ともしっくりくる気がするから不思議です。
アラビア社のルスカやコスモス、ロイヤルコペンハーゲンのテネラなどは和食器とならべて使っても違和感ないですよね。
同じシリーズのものも、ひとつひとつ色味や刻印が違ったりするので選ぶ楽しみにつながります。

そして北欧といえば冬の温かな小物がかわいらしく、きちんと役に立ってくれる優れもの。
見つけると思わず手にとってしまうのがこの三角ミトン!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

伝統的な工芸品やバルト三国の雑貨も温かみを感じるのは、丁寧な手仕事を感じることができるからかもしれません。
オリジナルの商品を用意されているお店もあるようなのでお土産にもいいですね。

他にも、うさぎ山ごんぞうさんが人気の「マルカ」、実店舗は雰囲気のある倉庫ショップ「北の椅子と」、7月に京都にお店をオープンされた「retro number」など気になるお店がもりだくさん。
遠く北欧の空気を身近に感じられる1日になりそうです。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA



アンティークに触れた後は


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

たくさんのアンティークに触れてちょっと小腹がすいたらフードブースへ。
やっぱり長蛇の列だったのは、主催の手紙社が営む「手紙舎」のお店。
今回もカラフルな自家製シロップがならび、見た目にも楽しませてくれそう。

人気のパン屋さん「コウボパン小さじいち」(鳥取)や「うぐいすと穀雨」(東京)は必ずのぞいてみたいお店のひとつ。
「cafeゴリョウ」(北海道)ではスープカレーが出るらしいのですが、4ヶ月間インドで本場の味を研究されたというチャイはぜひ飲んでみたい1杯です。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前回温かいコーヒーをいただいた栃木の「日光珈琲」。
ハンドドリップを練習しているところなので、コーヒー豆を買って帰りたいなと計画中。
「よなよなエール醸造所」という東京のビールのお店もたくさん種類があり、飲み比べたらおもしろそうです。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


そして今回も競馬場ではレースがおこなわれますが、前回もレース開催日。
そのため昨年はメインヴィジュアルを担当されたニシワキタダシさんのイラストぽち袋に入った「おみくじ馬券」が販売されていました。
かわいいぽち袋目当てに、私も人生初馬券を買ってみましたよ!笑


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

見事にはずれ!!
1枚しか購入していないので当たり前ですが、良い記念になりました。
今年も用意されていたら、また挑戦してみようかななんて思っています。

奈良からはアメヒヨでも取材させていただいたチロルMLPショップグリーンベアーズカンパニーが参加。
東京蚤の市、東海蚤の市でも好評だった「豆皿市」も初開催です。
詳しい出店者さんの情報などは、関西蚤の市のホームページをチェックしてみてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・

アンティークはほとんどが一点もの。
あなただけの心惹かれるお気に入りを見つけてみては。
アンティークが好きな方はもちろん、はじめて興味をもった方も。
ぜひ「関西蚤の市」で素敵なアンティークに触れてみてくださいね。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

第3回「関西蚤の市」HP
2016.12.3(sat)・4(sun)
9:00~16:00
入場料:200円
at JRA阪神競馬場



WRITER

aya


編集スタッフ
主婦



くらしの研究室

美しさ、時間、想像力、感受性、感動。
目には見えないけれど確かに存在するもの。
モノの向こう側にあるストーリーを感じとり、自らの美意識に基づき、生活や人生をデザインしていく事は、生活に潤いや楽しさを与えてくれます。
くらしの研究室では、毎日の暮らしを彩ってくれる様々な出来事やモノを特派員それぞれの切り口で紹介します。    

NEWS & EVENTS

ALL