くらしの研究室 > おでかけ

05

Oct.2015

/

お茶と旅する紅茶店 百色水 Fika

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


こんばんは!ayaです。
朝晩の冷え込みに、身体が温かな飲みものを欲する季節。

美味しい紅茶を求めて向かった先は、京都・木津川市の自宅で
カフェ・料理教室をされている百色水(もいろみ)さん。

「食」のエキスパートである店主 大谷 和絵さんに
紅茶のこと、インテリアのこと、いろいろ聞いてみました!



OLYMPUS DIGITAL CAMERA


|| 百色水Fikaでお茶しませんか



近鉄高の原駅から歩いて10分。
居心地の良い隠れ家のようなカフェ「百色水 Fika(もいろみ フィーカ)」が見えてきます。

中に入ると目に飛び込んでくる印象的なオープンキッチンは
普段、普通に生活されている空間とは思えないほど。



OLYMPUS DIGITAL CAMERA


以前は旅行会社で企画などのお仕事をされていた大谷さん。
現在、フードコーディネーター・ティータイムコーディネーター、
そしてコーヒーの資格までお持ちと聞き、お料理のセンスがある方ってうらやましいなぁと思っていたら

「いえいえ、もともとはお料理が苦手だったんですよ。」と意外な答えが。

きっかけは旅行会社で働いているときに通い始めた料理教室。
こちらに10年ほど通うことになるわけですが
その教室で学んだこと、出会った人が後の大谷さんに大きく関わることに。

ですが会社勤めをしているときも、旅先で気になるのは
そこでしか手に入らない調味料や紅茶、食器など食にまつわるものだったそう。

なんだかこの先の大谷さんを示唆するかのようですよね。



OLYMPUS DIGITAL CAMERA


お店に置かれている紅茶はオリジナルブレンドなども含め常時40種類ほど。
非日常ではなく、日常で手軽に楽しんでもらえる紅茶をそろえているそう。

国や産地によって形状が異なるらしいのですが
大谷さんは茶葉を見ればだいたいの産地がわかるというから驚きです。

季節によっても求められる茶葉はかわってくるようで、例えばアップルベースのものでも
暑い季節はアップルミント→寒くなるにつれアップルカモミール→アップルジンジャーと移りかわります。

お家でも季節によっていれる紅茶に変化をつけるだけで、なんとも贅沢な気分になりそう。



OLYMPUS DIGITAL CAMERA
季節問わず人気の茶葉は「ハニージンジャーレモン」
ドライマンゴーやジンジャー・矢車草が色とりどり。
ガラスポットでいただくと見た目にも華やかです。

アイスで飲むとスッキリ、ホットだとじんわり温かくなる不思議な後味。
季節に関係なく好まれるのがわかります。

(茶葉はWeb shopでも購入することができます。)




|| 自宅をカフェにリノベーション



自宅でカフェを始めるまでは天理にあるラビットガーデンやイベントで活躍されていた大谷さん。

大きな決意のいる、自宅カフェの後押しをしたのは意外にも旦那さまでした。
大谷さんよりも乗り気で応援してくれたというから心強い限りです。



OLYMPUS DIGITAL CAMERA
□ はじまりのインテリアはHANAMIZUKIでひとめ惚れしたこの時計
□ そして座り心地の良いソファ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


リノベーションを手がけたのは数々の人気店を生み出してきたフタコブラクダさん。

大谷さんがインテリアに使いたいものを伝えれば、一緒にお店に出向いてくれ
ひとつひとつの希望を形にしてくれたそう。

壁の漆喰などはご夫婦も手伝い、完全に任せてしまうのではなく参加しながら
皆でつくりあげた空間です。



OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA



以前のお家の様子もパネルで見せてもらいましたが、壁を抜いたり床を貼ったりと
とても大掛かりなリノベーション。

特にキッチンは広々と使いやすくなり、女性なら憧れるようなスペースになっています。



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

陶芸作家だったお父さまの器も



作家さんのお友達が多い大谷さん、たくさんの方々が
このリノベーションのために力をかしてくれたというから人望の厚さがうかがえます。

椅子・ドアなどの大きなものから、コースターなどの細々した雑貨まで。
みなさんその道のプロですから、自然と素敵なものが集まるわけです。



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

愛犬エリンくんイラスト入りマグをキープするというかわいいシステム



紅茶が好きで紅茶のファンを増やしたいという想いではじめた「百色水」。

紅茶の色のことを「水色(すいしょく)」と言い
「紅茶が百あれば、色もまた百ある」
という意味を込めて名づけられたこの名前。

きっとこれからもいろんな色、いろんな顔を見せてくれることでしょう。

さあ、みなさんも百色水Fikaでお茶しませんか?



●○● 百色水 event information ●○●

10月12日(月祝) 10:00~16:00 青空バル+クラフト at けいはんな記念公園 芝生広場
10月31日(土) 10:00~16:00 五里2のさと クラフトフェスタ at 城陽市 文化パルク城陽



OLYMPUS DIGITAL CAMERA


お茶と旅する紅茶店 百色水 Fika
京都府木津川市兜台7-12-10
TEL:0774-73-3310
OPEN:日・月・火曜日
10:00~16:00
※ オープン日は Blog facebook でご確認ください。



WRITER

aya


編集スタッフ
主婦



くらしの研究室

美しさ、時間、想像力、感受性、感動。
目には見えないけれど確かに存在するもの。
モノの向こう側にあるストーリーを感じとり、自らの美意識に基づき、生活や人生をデザインしていく事は、生活に潤いや楽しさを与えてくれます。
くらしの研究室では、毎日の暮らしを彩ってくれる様々な出来事やモノを特派員それぞれの切り口で紹介します。    

NEWS & EVENTS

ALL