くらしの研究室 > おでかけ

16

Sept.2015

/

山歩き番外編 北八ヶ岳 〜DAY1 黒百合平→天狗岳編〜

こんばんは!奈都です。
日ごとに涼しくなってきて、山登りにいい気候になってきましたね!

奈良山歩きシリーズ、前回の観音峰(前編後編)に続き、2回目の今回は早速ですが、番外編!
北八ヶ岳に行ってきた時の事をレポートします。



「そうだ、山小屋へ行こう」

ストイックに山に登るよりも、どちらかと言えばのんびり山に登ったり、山小屋に泊まったり、キャンプするのが好きな私、同じくのんびり登山と山小屋が好きな友人と昨年「山小屋部」を結成。

山小屋といえば、お風呂もなく、個室もなく大広間で雑魚寝という、ワイルドで女子にはなかなかハードルが高そうに思われがちですが、料理が自慢の小屋、温泉のある小屋、野生の動物に出会える小屋など、魅力的な小屋もたくさんあります。
今回は、魅力的な山小屋のたくさんあるという八ヶ岳に行く事に決定!



北八ヶ岳

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
八ヶ岳は、山梨県から長野県にかけて南北にある、いくつもの山が連なる「連峰」。
北側の”北八ヶ岳”は針葉樹と苔の森が、南側の”南八ヶ岳”はごつごつとしたワイルドな岩峰が広がります。


kitayatsygatake


8月末、私たちが向かったのは北八ヶ岳。
素敵な山小屋がたくさんあって、針葉樹林の森の中を歩く楽しさがあります。
今回は、標高1840mの渋の湯からスタート。
一日目は宿泊する山小屋「黒百合ヒュッテ」で休憩し、北八ヶ岳の最高峰「天狗岳」を目指します。

関西から出発する際は、大阪や京都から、長野県茅野市の茅野駅まで夜行バスが出ているのでとても便利です。
茅野駅から更にバスに乗り50分程で、登山口の渋の湯に到着。準備体操をして、登山届を書いて、いざ出発!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


天気はあいにくの曇り。登山道は森なので肌寒いくらいですが、湿気もあって歩いているうちにどんどん暑くなっていきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 少しぬかるんではいるものの、歩きやすい道が続きます。
自然の美しさを楽しみながらいいペースで登っていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA シラビソの林
OLYMPUS DIGITAL CAMERA いろいろな苔が見られます!



息が上がりつつも、調子良く登っていると、徐々にハードな岩の道に…。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
前日の雨か湿気か、岩も濡れているので、何度も滑って足をひねりそうになります。
今回学んだ事は、「靴紐は一番上の穴まできっちり結ぶこと!!」
(「それ基本!」とみんなからツッコまれる…) OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しばらく岩との格闘が続き、足を上げるのが辛くなってきますが、今回の宿泊先、「黒百合ヒュッテ」で休憩する事を楽しみに、気持ちを奮い立たせて一歩一歩進みます。
2日分の荷物を背負って山を登る、この行程が一番キツいかも!テント泊となるともっと大変なんだろうな…。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
登山口から2時間半ほど登り、徐々に木が減って、視界が開けてきたと思ったら、突如現れた山小屋が今回のお宿、標高2400mの黒百合平にある「黒百合ヒュッテ」。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 既に登ってきた人たちでいっぱい!
この黒百合ヒュッテは、山小屋ですがカフェとして立ち寄ることができ、カレーやシチュー、コーヒーや紅茶、マフィンなど美味しそうなお菓子もあります。

ここのマフィンが美味しいと評判だったので、みんなでそれを目標に登ってきたのですが、ちょうどお昼時でお腹がすいたのでシチューに変更!
これまでの疲れも吹き飛ぶ、身体に沁みる美味しさです。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA ここに来たら買うと決めていた、黒百合ヒュッテ オリジナルのカップ「クロップ」。
貴重な山のお水も、より美味しく感じられます。



十分に休憩をとり、小屋に荷物を預けて身軽になったので、天狗岳の山頂を目指します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA すりばち池。水は枯れているけど、ゴツゴツと無骨な感じがかっこいい!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA 振り返って黒百合ヒュッテを見下ろす。晴れていたらもっと良い眺めが…!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA 石を積み上げたケルンは、登山道の道しるべ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 遠くにはすごい崖

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 一瞬、ガスが消えて晴れ間が見えた!残念ながら、2日間で晴れたのはこの瞬間だけでした。 



黒百合ヒュッテからガレ場(岩屑の斜面)を一時間半ほど登り、標高2587mの東天狗岳、登頂!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 今回の山ご飯は地元、奈良から持参した柿の葉寿司。




天狗岳は東天狗岳と、標高2646mの西天狗岳の2つのピークがあります。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 西天狗岳へ続く道。またまたガスが…

この時は天候も悪く、黒百合ヒュッテでのんびり休憩時間をとり時間も迫っていたので、残念ながら最高峰の西天狗岳へは登らずに下山しました。
「無理せず、楽しく」ものんびり山小屋部のモットー。
日没前に山小屋に帰ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 山小屋では無駄な電力は使わないため、中はちょっと暗めだけど、この雰囲気がなんとも良い。



お楽しみの晩ご飯タイム。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 山で食べるご飯って本当に美味しい!

山まで食材を運んでくるのは大変なこと。電気も水も使うのは最小限で、普段の暮らしでは当たり前のことも、とてもありがたい事なんだと気付かされます。
日頃忘れてしまっている感謝の気持ちを思い出す為にも、また山小屋に来たくなるのかもしれません。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA 食後にいただいたコケモモティーが沁みる…。



消灯は20時、朝ご飯は5時。
おしゃべりもそこそこに布団に入り、明日の下山に備えます!


*DAY2に続く*

WRITER

奈都


編集スタッフ



くらしの研究室

美しさ、時間、想像力、感受性、感動。
目には見えないけれど確かに存在するもの。
モノの向こう側にあるストーリーを感じとり、自らの美意識に基づき、生活や人生をデザインしていく事は、生活に潤いや楽しさを与えてくれます。
くらしの研究室では、毎日の暮らしを彩ってくれる様々な出来事やモノを特派員それぞれの切り口で紹介します。    

NEWS & EVENTS

ALL