くらしの研究室 > その他

24

Jan.2015

/

小さな子どもたちも楽しめるボードゲーム 「うさぎのニーノ」

IMG_4995 (2)

こんばんは、ayaです。

みなさんは小さな頃、家族や友達と集まると
どんな遊びをしていましたか?

私は月並みですが、トランプやUNOなどの
カードゲームをすることが多かったように思います。

人生ゲームなどのボードゲームも
みんなでわいわい盛り上がりますよね。

今回は、小さな子どもたちも一緒にできる
簡単でかわいいボードゲームのご紹介です。



3歳から遊べる!「うさぎのニーノ」



毎日雨降りばかりで、ウサギのニーノくんが友達と住むほら穴にも水たまりが。
赤や青などカラフルな5つの扉から、ウサギさんたちを外に出してあげて。
体は木製、耳はフェルトでできたかわいいウサギさんたち。
誰がいちばん多く出してあげられるかな。



IMG_4981 (2)
① まずはウサギを全部、ほら穴に入れてスタート。
順番にサイコロを振って、出た色の扉にウサギを置いていきます。 ウサギのマークが出たら、ほら穴から直接とります。



IMG_4979 (2)
② サイコロを振って出た色の扉に、すでにウサギがいたら自分の持分に。ほら穴にウサギがいなくなったらゲーム終了。
たくさんウサギを持ってる人の勝ちとなります。



とっても簡単ですよね。
小さなお子さんもきっと楽しく遊んでくれますよ。

4月から小学生になる娘もニーノくんが大好き。

もっと小さかった頃は、ウサギをならべて
数をかぞえる練習をしたりしていました。

遊び方やルールをかえて出来るのも魅力のひとつです。
子どもたちの想像力も広がりそうですね。



IMG_4983 (2)

「うさぎのニーノ」  (Nino Conillo)

● メーカー ・・ セレクタ社 (ドイツ)
● 原作 ・・ Reiner Knizia
● 対象年齢 ・・ 3歳~
(現在販売のものはウサギの耳が黄色になっています)
 

WRITER

aya


編集スタッフ
主婦



くらしの研究室

美しさ、時間、想像力、感受性、感動。
目には見えないけれど確かに存在するもの。
モノの向こう側にあるストーリーを感じとり、自らの美意識に基づき、生活や人生をデザインしていく事は、生活に潤いや楽しさを与えてくれます。
くらしの研究室では、毎日の暮らしを彩ってくれる様々な出来事やモノを特派員それぞれの切り口で紹介します。    

NEWS & EVENTS

ALL