くらしの研究室 > 住

02

Mar.2015

/

めがねのはなし。

2197-1


わざわざ行きたい眼鏡屋さん、「toivoa」。

こんばんは!裸眼のてんです。
今回は、兵庫県西宮市の眼鏡ショップtoivoa(トイボア)へおじゃましました。
本当に眼鏡屋さん?と疑うほど素敵な店内は、ぬくもりを感じる北欧テイスト。


2266-11
IMG_2297-1

【BRAND】
・BEAUSOLEIL (フランス)
・CALAF (日本)
・EYE’DC (フランス)
・MICHEL HENAU (ベルギー)
・MYKITA (ドイツ)
・STUDIO FB (フランス) and more..





fuki

■ メガネを買うとき。
ところで、みなさんは何のためにメガネをかけますか?
また、どんなとき新調しますか?
こちらでは、その人の生活や眼の使い方などを複合的に判断するため、
じっくりヒアリングや測定を行ってくれます。

測定には、日常生活と同じ、両眼を開いた状態で測定する「両眼開放屈折検査」や
「両眼視機能検査」を採用しています。(詳しくは→
多くの眼鏡販売店では片目ずつ測るため、その方法ではズレが生じるそう。

ちなみに、以前ご紹介しました奈良町「カナカナ」の植嶋さんも「toivoa」で選ばれたメガネを愛用されているそうです◎(以前の記事→


さてさて、まずは店内の素敵なインテリアを紹介します!
■ INTERIOR -vol.1
2286

入口付近から見えるのはイッタラの「アテネの朝」。
ゴーンと鳴る鐘のような音にしみじみ。。


2288-1

芦屋「flame」+「minä perhonen」のコラボ照明。

2290

こちらも芦屋「flame」のもの。


■ INTERIOR -vol.2
2268

お店の奥にはブルーノ・マットソンの「Eva chair」が。曲線美にうっとり。


2272

店内の什器は西宮の「Mark」でオーダー。

2256-13

照明がどれも素敵!こちらは福岡「krank」のもの。



メガネの考え方が変わる!?

「眼って実はおもしろいんだよ。」と話す店主の多田さんにお話を伺いました。

2262-14
bw

■遠くを見たい??

読書にパソコンにスマホの操作。。
私たちの生活は手元をじっくり見る事ってすごく多いですよね。

でも実はヒトの目って近くを見るのが苦手!

ヒトが日常的に本を読むようになったのはここ100年くらいの事でまだまだ最近のこと。

農業に狩猟、、昔のヒトは「遠く」を見ていのちを守ってきました。
元々は遠くを見るのに適した目なんです。

だけど部屋で「近く」を見る生活が中心になったため 目には負担がかかっています。
近くほど目をギュッと寄せてピントを合わせますよね?

また、どれだけ力んで見ないといけないかでも目の負担は違います。
疲れたらパッと視線を外せる人ならまだ良いのですが
瞬きもせず見続けてしまう人もいます。

後者のタイプの私は、プリズム(屈折を利用)で矯正する手元用のメガネを提案して頂きました。
(※あくまで私の場合の一例です。)
かけた瞬間、目が疲れていたことに気付くくらい感動ですよ!

“見える、見えない” ではなく、いかに目に負担をかけず「ラクに見れるか」なのです。

それは「生活を快適にする」かもしれませんね。

冒頭で”遠くを見たい”と答えた方も実はあまり遠くを見る必要がなかったりしませんか?




目は、脳や身体(こころ)と繋がっている。

目は”唯一外部にさらされている臓器” と言われていて、 頭痛や首痛や耳鳴りなど、痛みや病気の原因となる場合もしばしば。
けれど、「多くの人は、結果ばかりを追いがち。」と多田さん。 例えば頭痛がしたら、痛みを抑える薬を飲みますよね。 でも、根本原因を絶たないと同じことを繰り返してしまいます。
目と脳と身体とはリンクしていて、目の動きや使い方で その人の疲れ具合や性格なども分かってしまうほど!

2216
2248-9

自分に合ったメガネに換えるだけで不調が軽減する場合もあるので、まずはカウンセリング受けられることををオススメします。
目だけでなく体や心の状態に気付くきっかけとなり、きっと気持ちまでスッキリできますよ!




toivoa
〒663-8106
兵庫県西宮市大屋町25-19 メゾン阪本1F
(阪急「西宮北口」駅から徒歩8分)
定休日 水曜日
営業時間 12:00-22:00
TEL 0798-61-2990
HP


WRITER

てん


編集スタッフ
カメラマン/デザイナー



くらしの研究室

美しさ、時間、想像力、感受性、感動。
目には見えないけれど確かに存在するもの。
モノの向こう側にあるストーリーを感じとり、自らの美意識に基づき、生活や人生をデザインしていく事は、生活に潤いや楽しさを与えてくれます。
くらしの研究室では、毎日の暮らしを彩ってくれる様々な出来事やモノを特派員それぞれの切り口で紹介します。    

NEWS & EVENTS

ALL