くらしの研究室 > 住

05

Feb.2015

/

ナナツモリにある家具 その1

DSC_9545-2

みなさん、こんばんは!明日香です。

私がナナツモリというお店をはじめてからよく聞かれることの一つ。
それは「家具はどこで買ったんですか?」

ナナツモリにある家具は業務用ではなく、
個人的に揃えていったものなので、
購入場所はもしかしたら皆さんの参考にしていただけるかもしれません。

というわけで「いえとくらし」のマガジンらしく、
今夜から数回に分けて、
ナナツモリの家具についてのお話をしたいと思います!


DSC_0205
ちなみに開店当初十分な資金がない中で
購入したものがほとんど。
資金に余裕があったならここのも欲しかった!なんていうのも
最後に書いてみますね。



今回は家具の代名詞とも言うべき椅子に注目してみました。
それでは、はじめましょ〜。



|| NANATSUMORI’S FURNITURE #1

>> イスがなければ はじまらない 前編



DSC_0133
ナナツモリ店内では統一した椅子ではなく、
バラバラの椅子を使っています。

一つのテーブルに対してもバラバラ。
年代も、国も、購入場所も、バラバラ。

唯一共通点と言えば『ナナツモリらしいかどうか』で、
選ばれているということくらいです。

そんな風にバラバラなので、
まずは椅子の系統を大きく分けてみました。


 アンティークや中古を扱う家具屋さんで購入した古いもの
 大手メーカーが制作・販売しているもの
 ネットオークションで落札したもの
 上記以外のもの


ざっくり分けるとこうなります。

一度に全部を書いていくと長くなりそうなので、
本日はその中でも①の椅子に注目していきたいと思います!

DSC_9405 こんなのや
DSC_0250 こんなのですね。


『アンティークや中古を扱う家具屋さん』と一口でも言っても、お店は様々。

年代物の家具を専門に扱うお店、
古道具屋さんに近いお店、
新品・中古家具どちらも取り扱うお店などなど。

ただどのお店にも言えるのが古い家具は一点ものなので、
良い家具に出会えるかは時の運!
運が良ければ、この世にたった1つ、
一生大事にできる味のある家具が手にはいります。

神戸や京都に多くありますが、
私達が実際に椅子を購入したところのご紹介を。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

++meguri《神戸》++

質の良い古道具、家具などが良心的なお値段で手に入ります。ここの椅子は本当にかわいい!
デッドストックの布などで座面を張り替えた椅子のシリーズはおすすめです。

DSC_9509
うちで人気の高い羊さんチェアもmeguriさんで購入。
デッドストックの布は何とも言えない色と柄。


++SHARK ATTACK《大阪》++

アメリカのアンティーク家具がメイン。ビルの1階から3階まで様々な家具がぎっしり!


++葡萄ハウス家具工房《京都》++

京都一乗寺にある和洋のアンティークを扱うお店。思わぬ掘り出し物に出会えます。


++pour annick《現在は東京のみ》++

以前は大阪にもあったプールアニック。高価なデザイナーズ家具などが多いですが、
お店を開店するのでこういう椅子が欲しい、というと倉庫から探してきてくれました。
店頭に出ていなくてもモノは試し、聞いてみるもんですね。


この他にも実際にはその時にご縁がなくて購入しなかったけれど、
神戸のvivo.va (アーコールチェアをはじめたくさんの椅子があります。素晴らしいセンスのお店)なども、
たびたび覗きに行ってました。

ネットで購入した古い家具などもありますが、
そちらはまた次回に書きますね。


DSC_0189
DSC_0233

これらの古い家具は一つ置くだけで一気に雰囲気が変わります。
ダイニングの椅子を全て替えるのは少し難しいかもしれませんが、
ディスプレイがわりにリビングや廊下の片隅にポンと置いたり、
個人のお部屋の椅子からはじめてみたりするのもいいかもしれません。


“A table, a chair, a bowl of fruit and a violin;
what else does a man need to be happy?”
ー Albert Einstein

テーブルとイス、フルーツとバイオリン。 このほかに、人が幸せであるために必要なものがあるだろうか?


1週間に1度、着るか着ないかの洋服と違い、
毎日のように使う家具。
本当に気にいったものを少しずつ揃えていけたらいいなと今でも思います。

さて、次回は残りの椅子、そしてテーブルのお話を!
どうぞお付き合い下さいませ。 ナナツモリにある家具 その②

WRITER

明日香


副編集長
カフェナナツモリオーナー



くらしの研究室

美しさ、時間、想像力、感受性、感動。
目には見えないけれど確かに存在するもの。
モノの向こう側にあるストーリーを感じとり、自らの美意識に基づき、生活や人生をデザインしていく事は、生活に潤いや楽しさを与えてくれます。
くらしの研究室では、毎日の暮らしを彩ってくれる様々な出来事やモノを特派員それぞれの切り口で紹介します。    

NEWS & EVENTS

ALL