くらしの研究室 > 住

01

Jan.2015

/

元旦の過ごし方

omehiyo

みなさま、あけましておめでとうございます。
こちら奈良県は朝はお天気もよく穏やかなお正月を迎えましたが、
昼からは猛烈な風が吹き荒れ、その後雪に変わるという波乱な幕開け…。
皆様はどのようなお正月をお過ごしでしょうか?

DSCF8903
2015年もアメカヒヨリカらしさを大事にしつつ
たくさんの温かい記事をお届けしていくつもりです。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて皆様、元旦は毎年どのように過ごされていますか?
私は大体のんびりおうちで過ごしています。

DSCF8909 箸袋もちまちま作ったり

家にいるとついだらだらしてしまい
一日終わってしまうこともあるかもしれませんが、
(それはそれでお正月の醍醐味かもしれません 笑)
元旦におすすめしたいのが
『一年の目標、願い事を書くこと』。

一年の計は元旦にあり、との言葉もあるくらい、
年のはじめに来るべき一年について考えるのはとてもいいことです。

そんなことを今更、って声が聞こえてきそうですが、
ここで私流のポイントは「書くこと」です。

今年はこんな1年にしよう、と心で思ったり、
家族と話したりはあるかもしれませんが、
紙、あるいはPC・スマホでもいいので、
きちんと文にして書いてみること。

DSC_7995
さらに、ポイントその2はその目標のたて方、です。

書籍でも出版されている「願い事手帖」と内容は似ていると思うのですが
申し訳ないことに私はそちらを拝読したことはないので
自己流で取り入れています。

それはどういうものかというと、
「今年はなにか良いことが起こりますように」と書くのではなく、
「夏前に家族みんなで旅行に行けて、とっても楽しかった!」
「面白い仕事がひょいと舞い込んできて、見事達成することができた!」
のように書く、ということ。
目標としては何か奇妙に感じるかもしれませんが、
この書き方が重要です。

ルールはこんな感じ。

◯もうすでに起きたことのように書く
◯できるだけ具体的に書く
◯時期も入れる
◯ネガティブなことは書かない

道を歩いていたらばったり会いたかった〇〇に会えて超ラッキー、とか、
スタイルがよくなって短いスカートもおしゃれに履きこなせるようになった、とか、
そんな感じで細かく、楽しく、目標を書きます。
いくつでも思いつく限り書いていきます。
自分だけでなく思いついた人のことも書いたりもします。

さて、こうやって書いていくと、
自分のしたいことがかなりクリアになってきて、
自分でも新たな発見があったりもします。

書くことで潜在意識に訴えかけるという、
一種の自己暗示なのでしょうけど、
車の運転とかで考えるとこの「目標をきちんと設定する」ということが
どれだけ大事かわかる気がします。

DSCF8761
とりあえず出かけることは決めても、
どこを目指すかはっきりしないと前に進むことが難しいですよね。
どこか楽しいところに行こう、と決めるのではなく、
USJに行こう、香川県にうどんを食べに行こう、と
目標を定めることではじめて道が見えてきます。
なので自分のやりたいことをとにかく書き出してみること、
それは目標達成のため、願い事を叶えるため、
必要不可欠なことなんですね、きっと。

本家の願い事手帖ではさらに細かくルールやポイントがあるようなのですが、
あくまでこれは私があまり深く考えずにやっている自己流です。
もしもっと知りたい、という方は「願い事手帖」で調べてみてくださいね!

皆様もぜひ本日、あるいは今年の早いうちに、
楽しく目標、願い事を書き出してみてください。
意外な自分の願望に気づいてちょっとおもしろいですよ。

私ももちろん書きました。

「アメヒヨを毎日見てくれる方が増えて、超ウレシイ!」

2015年も皆様にとって素敵な年でありますように☆

WRITER

明日香


副編集長
カフェナナツモリオーナー



くらしの研究室

美しさ、時間、想像力、感受性、感動。
目には見えないけれど確かに存在するもの。
モノの向こう側にあるストーリーを感じとり、自らの美意識に基づき、生活や人生をデザインしていく事は、生活に潤いや楽しさを与えてくれます。
くらしの研究室では、毎日の暮らしを彩ってくれる様々な出来事やモノを特派員それぞれの切り口で紹介します。    

NEWS & EVENTS

ALL