くらしの研究室 > 住

24

Dec.2014

/

こたつ机、つくっちゃいました


こんばんは、野生児ひろせです。

今日はクリスマスイブですね。みなさんはどんな過ごし方をされますか??
一年に一度の、一大イベント!素敵な時間過ごせますように!!


そんなイブも、ブイブイ自給の話をしていきたいと思います。

底冷え吉野の私の自宅は、毎日冷凍庫並みの極寒。
でも、部屋がそこそこ広いので、部屋全体を暖めようとすると灯油代がかさむ……
という家に住んでいるから、暖房器具は「こたつ」に頼りきっています。

最初はよくある市販のこたつを使っていたのですが、
どうも雰囲気が部屋と合わん!
ということで、ここは自給がモットーのわたしとしては、作っちゃおう!と思い立ち、
こたつ机、つくっちゃいました。

へや
我が家のこたつ机。こたつ、とトラみたいな模様なので、ミックスさせて名前は「こたろう1号」。


仕様はこんな感じ。こたつ電気部分は市販のものをとってくっつけました。
IMG_4520
布団をとれば、夏も使えるような仕組みになっています。



そんな私は、木工製品をつくるとき、
いつも家の近所にある製材所さんに協力していただいています。

IMG_4449
見てください!このカオスな工場!木の宝石箱や〜!


ここは小汚いけど「ない木がない」ワンダーランドな材木屋さん。
製材で出てくる端材などを継ぎ合わせて、切って、削って……
地味〜な作業を繰り返して、机をつくっていきます。

IMG_4433
まずは材料を揃えるところから。
材をざくざく切っていきます。

IMG_4434
材が揃えば、ねじでとめていきます。

IMG_4463
最後は塗装。
自然素材のOSMOを愛用しています。


一見大変そうですが、やりはじめると夢中になって、
だいたい5、6時間くらいで完成しちゃいます。


この「こたろう」ですが、最近制作依頼を受けまして、2号目をつくりました!

IMG_4465
かわいい我が子を背たろうて持っていきます。

IMG_4470
持ち主さんに手渡し〜



これから、たくさんの思い出をつくっていってね。
我が子を嫁に出す気持ちで、見送りました。。



好みの家具を購入するのもいいけれど、
自分で作る選択もいいなぁ、と最近つくづく思います。
自作する場合は、ホームセンターの材でもいいけれど、
近所の材木屋さんとかに、ぜひ足を運んでみてください。
以外と、安い値段で購入できますし、木の扱い方、いろいろ教えてもらえますよ〜

そして、本気で木が欲しいときは、
わたしの師匠、イヌイさんとこへ駆け込んでください!



イヌイ木工所
〒639-3118  奈良県吉野郡吉野町橋屋42
電話 0746-32-2505

WRITER

ひろせ ゆうこ


編集スタッフ(水曜日担当)
野生児、ときどきデザイナー



くらしの研究室

美しさ、時間、想像力、感受性、感動。
目には見えないけれど確かに存在するもの。
モノの向こう側にあるストーリーを感じとり、自らの美意識に基づき、生活や人生をデザインしていく事は、生活に潤いや楽しさを与えてくれます。
くらしの研究室では、毎日の暮らしを彩ってくれる様々な出来事やモノを特派員それぞれの切り口で紹介します。    

NEWS & EVENTS

ALL