くらしの研究室 > 住

27

July.2015

/

我が家の自己流、プチ改修工事!
洗面場のカスタマイズ《後編》

1
まいど野生児ひろせです。
今回は『洗面台カスタマイズ 後編』をお届けします。

果たして、洗面場無事使えるようになるのか!?
続きをどうぞ。




/////////  壁の続きを塗る  /////////



前回の続き、壁をひたすら塗ります。
塗った完成がこちら。

DSC_0509
DSC_0510

まぁ、ムラもあるけど、許せる範囲に完成。



あとは養生をはがして終了であります!
2

【POINT】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
綿壁の壁を塗るときのポイントをまとめてみました。
今後、綿壁をいじるようなことがあれば、参考にしてください。


1. 2度塗りにすること。
1回で塗るよりも、薄く2度塗りをすること。
スプレーで塗るにしても、
ペンキで塗るにしても、
美しく低予算で仕上げるためには「2度塗り」です!


2. 身体もしっかり養生しましょう。
ペンキを塗るときは、よごれていい服で身体も養生しましょう!
暑いのもあり、短パンTシャツでやってしまったがゆえに、
お風呂のとき、ペンキをはがすのに皮膚痛めるわ、時間かかるわ、大変でした。
特に足裏!
くつはいてやりましょう。
DSC_0514

3. 養生テープをはがすときは、生乾きのときに。
養生はペンキが生乾きのときにはがすこと。
完全にかわいたあとはがすと、
養生部分と、実際に塗った部分に横断して塗っているペンキがくっついてしまって、
養生をはがす際に、一気にペンキ、壁もろともはがれてしまいます。



壁ぬりって、結構大変なんかと思いきや、
ぼちぼちやって、だいたいかかった時間、実作業5時間くらい?
以外と簡単に、部屋のイメチェンできるもんやなーと思いました。
次は洗面台をつくる!の巻。




/////////  洗面台をつくる  /////////



欲しい洗面台がなかったので作ろうと思い準備してきました。
運良くもらった、古いミシン台と木をかけあわせて、世界にひとつだけの洗面台に。

11111111
めっちゃサビていたので、まずはサビおとしから。
サビおとしは、専用スプレーをホームセンターで購入。
(酢を長時間パックづけにしてもサビおとしできるらしい。
時間があり、超自然派な人は試してみてください。)

数分放置後、ブラシでごしごし。
DSC_0029
DSC_0030
その上に木を載せます。

IMG_4895

木は師匠のいぬいさんとこで購入。洗面台はIKEAにて。



あとはひつような部品をとりつけていきます。

洗面鏡、タオルかけ、ドライヤーもいるなぁ、
と必要な要素を書き出して、IKEAへ。
IKEAにある商品と、自分でつくれそうなものは自分で、
を計算しながらお買い物。

完成したものがこちら。

DSC_0062

鏡はIKEA


DSC_0063

はみがきことか載せる台は、端材にL字の金具をつけて。


DSC_0064

タオルかけは、コンパクトにまとめるために洗面台のしたにとりつけました。


DSC_0065

毎日つかうドライヤーは壁にかけて。



既製品を組み合わせながらやると、
そこそこいけてる風に仕上がるので、
IKEAを上手に多用するのがコツ。
DIYの目線で買い物すると、
日々のこまごましたくらしが、かわいく便利になっていきます。

みなさまもぜひDIY生活スタートしてみてください!
そして使う木は国産で!
よろしくお願いします(笑)




WRITER

ひろせ ゆうこ


編集スタッフ(水曜日担当)
野生児、ときどきデザイナー



くらしの研究室

美しさ、時間、想像力、感受性、感動。
目には見えないけれど確かに存在するもの。
モノの向こう側にあるストーリーを感じとり、自らの美意識に基づき、生活や人生をデザインしていく事は、生活に潤いや楽しさを与えてくれます。
くらしの研究室では、毎日の暮らしを彩ってくれる様々な出来事やモノを特派員それぞれの切り口で紹介します。    

NEWS & EVENTS

ALL