くらしの研究室 > 住

29

Apr.2015

/

お持ち帰りfrom世界 “スウェーデンのエッグスタンド”

こんばんは。閑香です。
北欧お持ち帰りが続きますが、本日はスウェーデンのエッグスタンドをご紹介したいと思います。

egg1

さてさて、スウェーデンは前回のフィンランドのお隣の国。
オシャレさと自然の豊かさはどちらも共通ですが、似て非なる隣の国。
これはどこの国でもいえることですが、やはり近くても国によって雰囲気は少し変わります。
スウェーデンはフィンランドよりもスマートでスッキリしたイメージの国でした。

こちらは首都ストックホルム。

egg2
洗練された美術館もあり、お店もいっぱいあり、迷路のような旧市街もあって楽しいですが・・

やはり素敵なのは田舎。もしくは地方都市。

egg3

レートヴィークという村の湖。本当に美しかった。



egg4

イースタッドという町。かわいい家がずらりと並んでいました。



egg5

レクサンドという村の教会。




egg6

レクサンドの駅




★さてここで、急ではありますが、海外旅行ワンポイントアドバイスです★

あまり海外旅行に行ったことがない方、でもただ観光地を周りたいわけではなく、何か素敵な自分好みの景色や場所に出会いたいと思っているあなたへ。

私は旅を楽しいものにする一つのポイントとして「自分の好きな日本の場所と対比させる」という方法をお勧めしています。

海外旅行経験は少なくても日本では近くや遠くにおでかけされていると思います。
あなたの好きな場所はどこですか?
高層ビル並ぶ最先端の東京?自然と都会が両立している地方都市?沖縄の離島?観光地ともいえないようなただ人が住んでいるだけの小さな町?

人それぞれ答えは違うと思います。
その感覚、たとえ海外に行っても同じです!

なので、自分の好きな日本の場所とポジション的に似てそうな街を調べて行くのが海外旅行のポイントなのです!

もちろん時間の制約もあるとは思うのですが、ついつい首都だけ観光して終わってしまっていませんか?
それはつまり日本で言うと東京だけ見て帰るのと同じことなのです。
できれば日本で言うところの鎌倉だったり、奈良だったり、沖縄だったり、そういうところも組み合わせてぜひ海外旅行していただけたらなと思います!


さてさて話が逸れました。
エッグスタンドのお話でした。

スウェーデンではロッピスといういわゆるフリーマーケット的なものが頻繁に行われていまして、
このエッグスタンドはレクサンドという町でたまたま泊まったB&Bのお庭でやっていたロッピスで買いました。
(実は2つセットだったのですが・・1つ割ってしまったのです・・しくしく。)
ロッピスは規模もいろいろですが、こんなかんじの雰囲気。

egg7

これはイースタッドという町のロッピスの模様。



このエッグスタンド、我が家ではエッグスタンドとして、そして日本酒グラスとしても活躍しています。

_MG_9783
egg9

エッグスタンドって日本酒を入れるのにもちょうど合うサイズなのです。
これ以外にもグスタフスベリ(スウェーデンの食器ブランド)のエッグスタンドも日常的に日本酒グラスとして使っています。

お酒のグラスを収集している方って結構いらっしゃるのではないかと思うのですが、
ちょっと雰囲気の違うものを探されている方は、エッグスタンドも候補に入れてみてください♪

以上スウェーデンのエッグスタンドについてでした!


———- 最後に少しお知らせを・・
このスウェーデン旅行で撮影した写真の展示がちょうど明日4/30から始まります。

最も印象深かった墓地の草の上の温かさと光をメインに、その他スウェーデンでとらえた光たちの写真を展示します。
もしよければお越しください*
詳細は以下です。

f0239107_11480407
////////////
田中閑香写真展
この光の下で眠りたい

2015.4.30~5.6
場所:PHOTO GARDEN
近鉄奈良駅1番出口より徒歩1分
OPEN 10:00~18:00
////////////




それではまた、次回の「お持ち帰りfrom世界」をお楽しみに・・!!
閑香でした。


WRITER

閑香


特派員
時々旅人、時々写真家



くらしの研究室

美しさ、時間、想像力、感受性、感動。
目には見えないけれど確かに存在するもの。
モノの向こう側にあるストーリーを感じとり、自らの美意識に基づき、生活や人生をデザインしていく事は、生活に潤いや楽しさを与えてくれます。
くらしの研究室では、毎日の暮らしを彩ってくれる様々な出来事やモノを特派員それぞれの切り口で紹介します。    

NEWS & EVENTS

ALL