くらしの研究室 > 住

14

Mar.2015

/

春に向けての、おうちのプチ改造 ~木の加工編~

DSC_0092

まいど、土曜の夜ですが、野生児ひろせです。

最近寒いですが、ちょっとずつ春の足音が聞こえてきました。
別れ、出会い、いろいろな思いが交錯する季節。
そして暖かくなるし、引っ越しや衣替えと、
お部屋をいろいろいじくりまわしたくなるのも、この季節。


部屋をいじくりまわす時、新しいもの購入するのもいいですが!
自宅の家具やらで昔と趣味が変わってしまって、なんとかならんやろうか、この子……
というもの、どのおうちでもいっこはあるはず!

そんな子たちを、適当にいい感じに仕上げたいわ〜
という、わたしの日常の試行錯誤を大公開しまっす!!




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□





わりかし安価で手に入って、加工もしやすい。
DIYで身近な存在が「木」。
でもひとこと、木の加工といっても、いろいろあるんですよね〜
加工の仕方、色の選別、配置とかで雰囲気って大きく変わってまう。。

勉強のためにーと、本とかネットみてもイマイチピンとこない。
それって多分、自分でやってないからなんやなぁ、と最近ぼんやり気づいた。

やらんとわからんこと多いのが工作の世界。
やから、いろいろ試してみました。
このペンキこうやわ、とか、こう加工したらこんな感じになるわ、とか。
わたしの日常のあーでもない、こーでもないをぼちぼち共有できたら、と思っています。



今回まずは

obi


/////////  木を加工してみる  /////////


その1
木目を活かした加工方法

木には木目という、木が成長したあかしが残っています。
その木目を活かした加工方法、紹介しまっす!



【 使った木 】
杉、栗
【 使ったペンキ 】
DSC_0088のコピー OSMO COLOR、ワトコオイル が簡単に手に入る
その他、天然素材にこだわるなら みつろう、柿しぶ、ぼくじゅなど。
木目を活かすために、半透明液体のペンキを使用してみたぞ!



実験 A

木にきちんとやすりをかけた状態で、
OSMO COLOR、ワトコオイルの濃い色、薄い色を塗ってみる。

【 杉 】
DSC_0094 OSMO COLOR(ローズウッド)

DSC_0095 ワトコオイル(ナチュラル)

【 栗 】
DSC_0096 OSMO COLOR(ローズウッド)

DSC_0097 ワトコオイル(ナチュラル)



11111111

【結果】 木にきちんとやすりをかけた状態で、木目を活かすペンキを塗った結果、
     清潔感のあるイメージに仕上がることが判明。
     色が濃いとシックな印象、薄いとさわやかな印象。








実験 B



木にさまざまなダメージ加工をほどこして、
OSMO COLOR、ワトコオイルの濃い色、薄い色を塗ってみる。



【 使った木 】
杉、栗
【 使う道具 】
DSC_0092 のこぎり、トンカチ、やすり、カッターナイフ、紙やすり





【 のこぎり編 】
のこぎり のこぎりで断面に傷をつけていき、仕上げにやすりをかける
ぎざぎざした感じは……んー微妙……
【 トンカチ編 】
とんかち トンカチでめっちゃたたいてみる
これは以外といける!ポイントに使ったりしたらかわいいかも


【 やすり編 】
やすり 角とかをやすりで削ってみる
これは相当いける!!角削りもいいけと、適当に面もたたいたり、傷つけたり。
【 カッターナイフ編 】
ナイフ カッターナイフで斬りつけてみる
これはうまくいかない。。。




jiojo

【結果】 木にさまざまなダメージ加工をほどこして、木目を活かすペンキを塗った結果、
     アンティークな雰囲気に大変身!
     使う材は杉、色は断然、濃い色で!ただし、ワトコオイルの方が使いやすいかも。
     ダメージ与える道具はやすりで、適当に殴るのが最良。ポイントにトンカチ使うと○








その2
木目を隠す加工方法

木目をかくす、マットなペンキなどを塗るときの、
加工方法、紹介しまっす!




【 使った木 】
【 使ったペンキ 】
DSC_0090のコピー バターミルクペインと、The Rose Garden Color’sがおすすめ。
匂いが少ないのと、自然素材使用しているので、わたしはよく使っています。
その他、ホームセンターで販売しているペンキとかでもOKです。




普通にペンキ木に塗るだけだと、なんかぺたんとした印象になる。。
ので、特殊な絵の具を使わず「ダメージ加工」というものに挑戦してみました。





【 1 】
DSC_0094 下地を塗る
【 2 】
DSC_0104のコピー 重ねて色を塗る
【 3 】
DSC_0103のコピー 絵の具を、先ほどのやすりの要領で、けずったりこすったり。 最後は紙やすりで削ってみました。



【結果】 木目を隠すペンキを塗った結果、
     ベタ塗りが良い場合は、ベタ塗りで。
     そうでない場合は、ダメージ加工を施すと安っぽい印象にならずに、◎





次回、今回のテクニックをつかった、リメイクに挑戦!!! :

WRITER

ひろせ ゆうこ


編集スタッフ(水曜日担当)
野生児、ときどきデザイナー



くらしの研究室

美しさ、時間、想像力、感受性、感動。
目には見えないけれど確かに存在するもの。
モノの向こう側にあるストーリーを感じとり、自らの美意識に基づき、生活や人生をデザインしていく事は、生活に潤いや楽しさを与えてくれます。
くらしの研究室では、毎日の暮らしを彩ってくれる様々な出来事やモノを特派員それぞれの切り口で紹介します。    

NEWS & EVENTS

ALL