くらしの研究室 > 食

09

Jan.2015

/

冷えや風邪をふっ飛ばそう!梅しょう番茶

こんばんは、初めましてです!
四十にして惑わずと申しますが、まだまだ人生迷いっぱなしの
もりじゅん と申します。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

冬本番!!毎日、ほんとにさっぶい~。
この季節、多くの女性を悩ませるのが冷え性だったりします。
お風呂でしっかり温まっても、すぐにお布団に入らないと
足先が冷えて眠れない、なんてひどい冷え性の方もいらっしゃいますねー。
又、風邪を引きやすい季節でもあります。

そこで今回、私がおすすめしたいのが「梅しょう番茶」です!
その名からだいたい想像できると思うのですが
メインはお茶に梅干しが入った飲み物です。

梅しょうIMG_9149
数年前、体のいたるところ本当に調子が悪く、体質改善をしたいな~
と思っている時に、とても良い穀物菜食の本に出会いました。
そこに、この梅しょう番茶が紹介されていたんです。

この梅しょう番茶、かなりたくさんの不調によろしいんです。
冷え性、風邪、腹痛、貧血、神経痛、あと疲労回復などなど。
あ、さらに!更年期にも良いそうです。
お腹の弱い私は、年中この梅しょう番茶のお世話になっております。
作り方もいたって簡単です。

<材料>
 
  梅干し        中 1個
  しょうゆ       小さじ  1 & 1/2
  しょうが汁      2、3滴
  三年番茶       150cc  ~  200cc


<作り方&飲み方>

  梅干しを湯のみに入れて箸でよくつぶし、分量のしょうが汁と
  しょうゆを加え、煮立てた番茶を注ぎます。
  熱いうちに飲みます。

三年番茶がなければ、ほうじ茶、番茶を炒ったものでも代用できますし
それも手間なら、そのままのお茶を煮出して使ってください。
しょうが汁も苦手なら、なしでもいいようです。

茶本IMG_9160
そういえば。
思い出したのですが、子供のころからお腹の弱かった私に
おばあちゃんが、梅干しがいいんだよとお茶に入れて
よく出してくれていたのでした。(嫌がってあまり飲みはしなかった
のですが・・)すでに原型はおばあちゃんから
教わっていたんですよね。昔の人の知恵ってすごいです。
おばあちゃん、ありがとう!

簡単なので、皆さまもぜひ一度お試しになってみてくださいね。
あ、二日酔いにも良いんですよ~!

WRITER

じゅん


編集スタッフ
しゅふ



くらしの研究室

美しさ、時間、想像力、感受性、感動。
目には見えないけれど確かに存在するもの。
モノの向こう側にあるストーリーを感じとり、自らの美意識に基づき、生活や人生をデザインしていく事は、生活に潤いや楽しさを与えてくれます。
くらしの研究室では、毎日の暮らしを彩ってくれる様々な出来事やモノを特派員それぞれの切り口で紹介します。    

NEWS & EVENTS

ALL