くらしの研究室 > 食

27

Jan.2016

/

A FILM ABOUT COFFEE

DSC_6167-2

こんばんは!お久しぶりの明日香です。

大寒波が訪れた先週。
お家の中でゆっくり過ごした方も多かったのではないでしょうか?

冬のお部屋で過ごす時に欠かせないもの、それは体を芯から暖めてくれる温かい飲み物!!

中でもすっかり日本人にとって欠かせなくなったのは、そう、コーヒー。

本日は現在公開中の映画「A FILM ABOUT COFFEE」を見てきて感じた
別角度からのコーヒーのお話。


|| A FILM ABOUT COFFEE



昨年12月から公開されている「A FILM ABOUT COFFEE」
私はシネ・リーブル梅田で見ましたが関西では
2月に「元町映画館」「立誠シネマ」で上映予定です。

制作したのはサンフランシスコ在住のCMクリエイター、ブランドン・ローパー監督。
3年間をかけて、コーヒーの生産地であるホンジュラスやルワンダ、
そして、コーヒーカルチャーの新潮流を牽引する都市、サンフランシスコ、ポートランド、
シアトル、そして東京を取材しフィルムに収めたドキュメンタリー。

コーヒーの映画がある、と聞いた時は、
興味はあるけど果たして映画として面白いのかな、と少々疑問に思ったのですが、
その予想は見事に外れました。

劇場での公開の目処や発表の機会もないまま
作りあげられた自主制作の66分のこの映画。
たちまち口コミで評判を呼び、世界の様々な年で公開されることになったのも納得です。



『コーヒーの話』と聞くと、
私たちはもうあの黒くなった珈琲豆を思い浮かべ、

////////////////////////////////////////////////////////////

○どんな豆を選ぶか
○その豆をどのように淹れるか
○ペーパードリップなのかフレンチプレスなのか
○それを飲めるのはどんな雰囲気のお店なのか

////////////////////////////////////////////////////////////


そんなところにばかり思考が行きがちですが、
この映画はさらにその上流にまで遡って

////////////////////////////////////////////////////////////

○どんなところでコーヒー豆はとれるのか
○どんな風に精製されるのか
○どんな方が豆を育てているのか
○どんな方がどうやって豆を買ってくるのか

////////////////////////////////////////////////////////////
そういったそもそものコーヒーの姿を垣間みることができます。

「文字」を読んだことでその辺りの知識はあったつもりでも、
こうやって映像化したもので見るのとは全く別物の気がしました。

book2 サラッとだけどコーヒーのルーツも。なるほどなるほど。


現代のコーヒーカルチャーを牽引するコーヒーショップのオーナーや
バリスタ、生豆バイヤーのインタビューはとても興味深く、
美しい映像と音楽とともに気持ちのよいテンポで物語は進んでいきます。

そして日本人の私たちにとって誇らしいのは、
伝説の喫茶店「大坊珈琲店」のオーナー・大坊氏が一杯のコーヒーを淹れる場面を
とても丁寧に取り上げてくれている所。

一連の所作の美しさは茶道に通じるものがあり、
改めて日本のコーヒー文化の奥深さに感激しました。

サードウェーブ、という言葉がすっかり定着した近頃ですが、
この映画を見るともっと広い目と大きな心で、この流れをきちんと捉えていきたいなと感じます。

それと同時に普段私たちが何も考えずにコーヒーを飲めるということが
どんなにラッキーで幸せなことなのか、
この時代やコーヒーに携わる方々へ、心から感謝がわいてきます。

約1時間の短い映画なので皆さんぜひ気楽に見に行ってみてください。
ぬくぬく温かい映画館で、コーヒーを飲みながら、
緩やかにコーヒーのお話を眺める時間。
これは新たな映画の楽しみ方かもしれません!





|| サードウェーブ・コーヒーをもっと知りたい!



昨年世間を賑わせてくれたブルーボトルコーヒーの日本進出の話題もすっかり落ち着きましたが、
改めてサードウェーブ・コーヒーに興味が出てきた方にはこんな本もおススメです。

book
その名もズバリ「サードウェーブ・コーヒー読本」。
サードウェーブ・コーヒーユニット茶太郎豆央さんによるこちらの本を読めば
現在のアメリカのコーヒーシーンが手に取るようにわかります。
またコーヒー道具の話や淹れ方、カッピングの仕方なども書いてありますので
コーヒー好きな方はぜひ一度読んでみてください!


豆の種類、淹れ方とともに、コーヒーそのものの背景や今現在の流れを知ることで、
ますますコーヒーに対する愛情が増すかもしれません。

映画の中のインタビューで出てきたこんな言葉。
「起きるのが嫌だな、という日でも、美味しいコーヒーが飲めると思うと起きる気になる」

明日の朝も、美味しいコーヒーの力を借りて、
素敵な一日のはじまりを!


WRITER

明日香


副編集長
カフェナナツモリオーナー



くらしの研究室

美しさ、時間、想像力、感受性、感動。
目には見えないけれど確かに存在するもの。
モノの向こう側にあるストーリーを感じとり、自らの美意識に基づき、生活や人生をデザインしていく事は、生活に潤いや楽しさを与えてくれます。
くらしの研究室では、毎日の暮らしを彩ってくれる様々な出来事やモノを特派員それぞれの切り口で紹介します。    

NEWS & EVENTS

ALL