くらしの研究室 > 食

22

June.2015

/

ワインやビールに合う!夏においしい自家製ピクルス

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


こんばんは!ayaです。

梅雨の時期が終われば、いよいよ夏本番。
夏は特に野菜のおいしい季節ですよね。

太陽の恵みをたくさん浴びた野菜をおいしい自家製ピクルスにしてみましょう!



おいしくてカンタン!自家製ピクルス



● 材料 ●
酢(穀物酢・米酢どちらでも)・・・200cc
水・・・100cc
てんさい糖(または三温糖)・・・大さじ3
塩・・・小さじ1
唐辛子・・・1/2本
ローリエ・ローズマリー・・・適量
レモン・・・1~2スライス
粒こしょう・シナモン・・・少々(なくてもOK)
野菜(きゅうり・大根・セロリ・人参など)・・・適量


OLYMPUS DIGITAL CAMERA



>> Let’s cooking! <<



OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1. 酢・水・砂糖・塩を鍋に入れ、一度沸騰させた後冷ます。
唐辛子はたねをとり輪切りに。(あまり辛味が得意でない方はカットせずそのまま) 
冷ましたピクルス液に唐辛子・粒こしょう・シナモンを入れまぜておく。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2. 野菜を洗い、小さなスティック状にカット。レモンは輪切りに。(野菜の水分はふいておく。)
人参など、柔らかめが好きな方は軽くゆでておいてくださいね。
プチトマトを入れる場合はヘタをとっておきましょう。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
3. 煮沸消毒した保存ビンに野菜を立てて入れていく。 (1段目入れ終わったところ。)
途中、レモンの輪切り・ローリエ・ローズマリーをバランスよくはさんでいきましょう。
ビンから見えるよう入れると見栄え良くできます。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
4. 2段目以降は下の段と色合いが重ならないよう入れていくとキレイです。
全部入れたらピクルス液を流し込んでフタをしましょう。
次の日にはもう食べられますよ。



保存ビンの大きさによって酢・水は2:1で加減してくださいね。
(我が家の保存ビンは2Lのため3倍の900cc弱使用。唐辛子は1本、ローリエは2枚入れました。)

砂糖の量もお好みの甘みで。

今回、野菜はきゅうり・人参・大根・セロリ・プチトマト・パプリカ(赤・黄)を漬けてみました。
カリフラワーもおすすめ。


ローズマリーは一度手にはさんでパンっとたたくとより香りが増します。
お肉料理などにも使えるので、鉢植えしておくと便利。

スパイスによってどんどん味が変化するピクルス。
最近ではいろんなメーカーからピクルス用のスパイスが販売されていますね。

KALDIで見つけた「スパイス屋さんのピクルスの素」は、マスタードシードやクローブスなどブレンドされていてとても風味豊か。
お好みのスパイスを探すのも楽しいかもしれません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


ミツカンの「いろいろ使えるカンタン酢」を使えばピクルス液を作る手間が省けます。
お手軽に楽しむ時はいいですね。

小さなビンに入れてプレゼントにも喜ばれそう。

味はもちろん、キッチンに飾っているだけでかわいいピクルス。
スパイスを変えてみたり、酢や砂糖の量を調整して「我が家のオリジナルピクルス」を作ってみてくださいね。




OLYMPUS DIGITAL CAMERA    

WRITER

aya


編集スタッフ
主婦



くらしの研究室

美しさ、時間、想像力、感受性、感動。
目には見えないけれど確かに存在するもの。
モノの向こう側にあるストーリーを感じとり、自らの美意識に基づき、生活や人生をデザインしていく事は、生活に潤いや楽しさを与えてくれます。
くらしの研究室では、毎日の暮らしを彩ってくれる様々な出来事やモノを特派員それぞれの切り口で紹介します。    

NEWS & EVENTS

ALL