くらしの研究室 > アート

13

Jan.2015

/

宝探しをはじめよう! book『海と森の標本函』

こんばんは!奈都です。

みなさんは、“combimg(コーミング)”という言葉を聞いたことがありますか?

直訳すると、combingとは「櫛(くし)で髪をとかすこと/梳くこと」ですが、「ビーチコーミング(beachcombing)」といったような、浜辺を梳くように漂着物を探して収集する、という意味にも使われています。
世界中にbeachcomberと呼ばれる漂着物収集の愛好家もたくさんいるそうです。

流木、ウニ、ヒトデ、貝殻、石、珊瑚、どこか遠い国から流れ着いたものなどを集めて標本にしたり、物を作ったり、流れ着いたもののルーツを調べたり。宝探しのようで、とってもワクワクしますね。

そんなビーチコーミングや、ここから派生した森での宝探し「フォレストコーミング(Forest Combing)」を紹介しているのが、 前回の記事でドングリ編み針を紹介させていただいた、LAVVO 結城伸子さんの著書『海と森の標本函』。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ビーチコーミングやフォレストコーミングで拾ったものたちを使って作品にしたり、標本を作られている結城さん。
ドングリ編み針も、フォレストコーミングで集めたドングリが使われています。

少しだけ、本の中身をご紹介。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 結城さんが集められたドングリの数々。
ドングリだけでも、こんなに沢山の種類があるんですね。



OLYMPUS DIGITAL CAMERA ヒトデ。不思議と惹かれる、五芒星の形…。
こんな風に窓辺に飾るのも素敵ですね。



OLYMPUS DIGITAL CAMERA ウニの一種、ブンブク。名前も形もかわいいですね。
そしてこんな風におヒゲをつけてしまうユーモアのセンス!かわいい!
じっと見ていたら、本当におじさんの顔の形に見えてくるような…。



OLYMPUS DIGITAL CAMERA
他にも、時間をかけて集められた拾い物の数々がたくさん載っています。
ページをめくる度に、宝物を見せてもらっているようなワクワクがあり、ウニやドングリ、ヒトデ、草花や実などの自然物の、色や形の面白さや美しさを改めて感じます。



そして、見て楽しむだけではなく、巻末には自分で標本函を作ることのできる台紙が付いています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 私も、さっそく標本函を作ってみました!
巻末の台紙と、製本用の水張りテープで簡単に作ることができます。

それから外に出て、コーミング=標本集め!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 家の庭で見つけたひめしゃらの種と、ヒバの葉。



OLYMPUS DIGITAL CAMERA 家の近くの道ばたで見つけたセンダングサ。
花びらの様な部分は種で、ひっつきむしになっています。
家に帰ってから気がつくと、コートの袖にもびっしりとひっついていてびっくり!



OLYMPUS DIGITAL CAMERA これは何だろう?こちらも道ばたに生えていた、髭のようなものがぴぴっと出ている実が集まった、小さな木。
春夏には花がついていたのでしょうか?



こうして歩いて草花を探していると、名前の知らないものもたくさんあって、新しい発見がたくさんあります。
ただ集めるだけではなく、出会ったものの名前やルーツを調べたり、その土地特有の植物などを発見する楽しみもありますね。
実際に宝探しを意識しながら歩いてみて、コーミングの奥深さを体感しました。



最後に、集めた物達を作った函に入れます。
巻末綴じ込みのラベルに、採集した日付や名前、場所を記入して添えたら完成!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
うーんなかなか、結城さんのようにセンスある標本作りは難しいです。
結城さんの、数々の海の漂着物や、森に在るものからキラリと光るものを見つけ出すチカラは、きっと何度も海や森に足を運んで、更に磨かれたものなんですね。
ご近所もいいけれど、次は森や海に行ってじっくりとコーミングしてみたいと思います。


『海と森の標本函』、漂着物や生き物などのコレクションの魅力がぎゅっと詰まっていて、すぐに宝探しに行きたくなるような一冊です。

難しい道具はいらない、すぐに始められる宝探し、はじめてみませんか?

海と森の標本函
結城伸子 著 (グラフィック社刊)
2014年11月発行 A5 判 並製 総144 頁 定価:本体1,600円(税別)
978-4-7661-2709-6 C0076 

LAVVOさんのホームページ
http://www.takonomakura.com

WRITER

奈都


編集スタッフ



くらしの研究室

美しさ、時間、想像力、感受性、感動。
目には見えないけれど確かに存在するもの。
モノの向こう側にあるストーリーを感じとり、自らの美意識に基づき、生活や人生をデザインしていく事は、生活に潤いや楽しさを与えてくれます。
くらしの研究室では、毎日の暮らしを彩ってくれる様々な出来事やモノを特派員それぞれの切り口で紹介します。    

NEWS & EVENTS

ALL