くらしの研究室 > アート

08

Jan.2015

/

かもめブックスと川島小鳥さん その1

DSC_8453
こんばんは。
年末年始のふわふわした日々から、日常に戻る時の不思議な感覚に
毎年どうにも慣れない明日香です。

年末は千葉県の実家にちょっと長めに帰省しました。
いろいろおもしろい所に行ってきたので、
今月は『アメヒヨ東京支社』としてTOKYOの話題をお届けしていきます!

さて、その第一弾は、とっても素敵な場所で行われた、
とっても素敵なお誕生日会のお話。

アメヒヨでも以前取り上げた
東京・神楽坂にできたおしゃれスポット「la kagu」。
その目と鼻の先に昨年11月29日にオープンした本屋さんが今回のお話の舞台。
その名は「かもめブックス」。


DSCF8511

帰省の際には絶対行くぞ、と決めていた本屋さん。
校正の会社「鴎来堂」が元々あった本屋が閉店されたのをきっかけに
新しく本屋を開業することになったのがこちらのお店。


本屋には、目の前に本が並んでいるからこそ生まれる、
思いがけない「新しい本との出会い」があります。
私たちはいつだって感覚を研ぎすまして、
出会うべき本を1冊1冊、その手で選んできました。
それが本屋へ行くことの面白さであり、
本屋が大切にするべきことだと思うのです」
かもめブックスHP about より

と、かもめブックスさんのHPに書いてあります。

なんだかとてもいい言葉だなぁと思います。
本は内容だけではなく、装丁の美しさとか、紙の質感とか、インスピレーションとか、
そういうものも合わせて「読みたい」に繋がるような気がします。
そしてそれは実際に本屋さんで見ないとわからないことだったりしますよね。

本屋さんがどんどん潰れていってしまう中で、
こんな風に「本屋ができること」にきちんと重きをおいたかもめブックスさんの登場は
新しい価値観について考えていくべき世の中を象徴しているような気がします。

かもめブックスの本は従来の新刊を優遇した売場作りとは異なり
私達1人1人が自分にぴったりの本を見つけやすいような陳列がしてあります。
欲しかった本を買うのではなく、どんな本に出会えるのか、
ワクワクしながら本を選ぶ楽しさを味わえます。


DSCF8521

そして嬉しいことに、
このお店には大阪にもある私も大好きなギャラリー「ondo」と、
おいしい珈琲を飲める「WEEKENDERS COFFEE All Right」が入っていて
本を選んだ後も、まったり楽しむことができるのです。

ちなみにこの日にギャラリーで開催されていたのは、
小澤真弓さんの個展「日用」。
夏に大阪のondoさんで行われていたのを見逃していたので
とっても嬉しかったです。
暖かくて、素朴で、じんわり心に残る作品。
素敵でした。

DSCF8517
DSCF8528
コーヒースタンドとしてもすっかり定着しているようで、
何人もの方がテイクアウトでコーヒーを買っていました。
まだオープンして1ヶ月なのに、既に街に馴染んでいるのがよくわかります。

DSCF8531パッケージもかわいいチョコレートバー。その場で食べてもお土産にも◎

DSCF8539 というわけでカプチーノとともにいただきました。うまし。


さて、そんなかもめブックスであの川島小鳥さんの
3年ぶりの新刊誕生記念イベントが開かれると知ったのは
アメヒヨtwitterのつぶやき!
日々いい情報流してますよ〜、要チェックですよ〜 笑

ラッキーとばかりにその日に足を運ぶことにしました。
川島小鳥さん、お名前はわからないという方でも、
こちらの写真集を見れば「あ〜!!」って方、多いのではないでしょうか??

DSC_8458
そう、みんな大好き「未来ちゃん」を撮った写真家の方です。
うちのお店にも置いていますが、写真教室の生徒さんも、お客様も、
とにかくみんな未来ちゃんが大好き。
写真集、という枠を超えて本当にたくさんの方に愛されていてすごいなぁと、
いつも感じます。

そんな「未来ちゃん」から3年、
川島さんが新しく発売する新刊「明星」のお誕生日会が
かもめブックスで開かれることになったのです!

実際の流通は今年の2月を予定しているとのことで、
お誕生日会に訪れた人だけが一足お先にその写真集を
手に入れることができるというスペシャルな企画。
ご本人もいらっしゃるとのことなのでなおワクワク。
さてさて、いったいどんなお誕生日会なのか?

本日はちょっと長くなりましたので、
この続きは今週土曜日にお話ししたいと思います。
お楽しみに!!



かもめブックス
住 所 162-0805 東京都新宿区矢来町123 第一矢来ビル1階
Tel / Fax 03-5228-5490 / 03-5228-4946
営業時間   月曜日~土曜日 10:00 ~ 22:00
日曜日    11:00 ~ 20:00
定休日    不定休
http://kamomebooks.jp

WRITER

明日香


副編集長
カフェナナツモリオーナー



くらしの研究室

美しさ、時間、想像力、感受性、感動。
目には見えないけれど確かに存在するもの。
モノの向こう側にあるストーリーを感じとり、自らの美意識に基づき、生活や人生をデザインしていく事は、生活に潤いや楽しさを与えてくれます。
くらしの研究室では、毎日の暮らしを彩ってくれる様々な出来事やモノを特派員それぞれの切り口で紹介します。    

NEWS & EVENTS

ALL