くらしの研究室 > アート

04

Dec.2014

/

京都1人旅におススメ。アートなホテル。


はじめまして。アメカヒヨリカ副編集長の明日香です。

普段は奈良県にあるナナツモリというカフェを運営しています。
アートと哲学、ファンタジーとお酒をこよなく愛しています。
霧のむこうのふしぎな街という児童ファンタジーが大好きで、
いつか山奥に6軒の素敵な洋館を建てたいと目論んでいます。

夫婦2人の気ままな暮らしですので、気が向いたらふらりと一人旅に出たりもします。

そんなわけで記念すべき第1回目の記事は、先日行った京都のアートなホテルのご紹介。

SDIM1601
ホテルの名前は「HOTEL ANTEROOM KYOTO」。
京都駅から南に徒歩15分ほど、
普通の住宅街にひっそりと佇んでいます。
今回は到着が夜遅くだったのでなおさらひっそり。

SDIM1592
SDIM1609
SDIM1624
HOTEL ANTEROOMは専修学校をリノベートして生まれたホテル&アパートメント。
館内には、ギャラリー・朝食レストラン・バーがあり、
館内のいたるところにアート作品が展示されています。
そして「アパートメント」とあるように、シェアハウスとして住むこともできます。

内装はこんな感じで、ここはニューヨークかロンドンか!というような
めちゃくちゃクールで素敵な空間。
壁に直接写し出される映像、線のむき出し感、たまりません。

SDIM1684
SDIM1683
SDIM1681
SDIM1685

館内に入ると目に飛び込んでくるのは彫刻家・名和晃平さんの作品。
こんなに本格的な作品がホテルで見られるなんて、贅沢。
そしてその横にはgallery 9.5。
京都を拠点に活動するクリエーターを紹介する企画展や、様々な展覧会、イベントが行われます。
ロビーの前にあるので夜でも自由に作品を見ることができました。

ロビーの横には小さなショップ。
ホテルのショップというよりはミュージアムショップみたい。
アート関係の本を見たり、無料で使用できるPCもあるライブラリーも併設してます。

そしてその奥にはラウンジが。
残念ながらこの日はバーがお休みだったのですが、
夜遅くまでこちらで本を読んでいる方をチラホラ見かけました。
妙にみんな馴染んでるなぁと思ったら、
こちらは住んでいる人と訪れる人の共有スペースでもあるとのこと。
普通のホテルとはちょっと違う、不思議な空間。

SDIM1626
SDIM1646
私も夜遅くまで館内をウロウロ。
ギャラリーを見たり、意味なくソファに座ってみたり。
館内の様々なところで思い思いに過ごすことができる。
それがこのホテルの魅力の一つです。 

客室は全61室でそのうち49室がシングルルーム。
リッチなホテルではなくビジネスホテルに近い感じです。
ちなみに料金もビジネスホテルと同じくらい。

私が泊まったのもシングルルームで、お部屋自体はとてもコンパクト。
けれど置いてある家具(これはオリジナルだそうです)や、
室内にも飾られているアートで、 まるで外国の寮に入ったような気分。

SDIM1619
SDIM1621
SDIM1658

お部屋に飾られているアートは販売もしており、机をあけるとそこに作品の解説とプライスが。
これ、とっても素敵なシステムだなと思いました。
こんなふうに飾ればいいというお手本がすでにあって、
1泊そこで過ごすことによってちょっとその作品に愛着もわく。
なかなか手が出にくい「アート作品を買う」ということの第一歩を後押ししてくれます。

素敵な空間とフカフカの布団で夜もぐっすり。

SDIM1664
SDIM1666
そして楽しみにしていた朝食。

ボリューミーなピタサンドを目の前で作ってくれます。
ちなみにこの日は
「スクランブルエッグとほうれん草のバターソテー クリスピーベーコンとレタスのピタサンド」と
「ローストポーク、胡麻とりんごのソースのラップサンド」。
サラダ、スープ、ヨーグルトはセルフサービスで。
サラダのトッピングは揚げ湯葉やじゃこなど女子が喜ぶラインナップをかけ放題。
これにフレッシュスムージーがつきます。
このスムージー美味しかったです!
旅先で歩き回ってちょっぴり疲れた朝に、これを飲んだら元気が出ます。

SDIM1638

スタッフの方も親切で、
ひたすらかっこいいデザインに囲まれているけれど、
おもてなしの心もちゃんと感じる事ができました。
今回は1泊の滞在でしたが、連泊してそれこそちょっと住んでる気分を味わいたいな。

読みたかった長めの本を持参して。
片付けなきゃいけない仕事を持ち込んで。
住むように泊まる。

そんなのもありだなと思ったり。

アート好きな方の一人旅にピッタリの素敵なホテルです。
「京都のアート&カルチャーの今」ぜひ楽しんで下さい!



ホテル アンテルーム 京都
〒601-8044 
京都府京都市南区東九条明田町7番
JR京都駅八条東口より徒歩15分
地下鉄烏丸線九条駅より徒歩8分
(4番出口を烏丸通南へ直進、烏丸札ノ辻交差点を右折、30m直進左手)
東寺まで徒歩18分


TEL 075-681-5656
FAX 075-681-5655
Mail info@hotel-anteroom.com

WRITER

明日香


副編集長
カフェナナツモリオーナー



くらしの研究室

美しさ、時間、想像力、感受性、感動。
目には見えないけれど確かに存在するもの。
モノの向こう側にあるストーリーを感じとり、自らの美意識に基づき、生活や人生をデザインしていく事は、生活に潤いや楽しさを与えてくれます。
くらしの研究室では、毎日の暮らしを彩ってくれる様々な出来事やモノを特派員それぞれの切り口で紹介します。    

NEWS & EVENTS

ALL