くらしの研究室

13

Feb.2015

/

なぜ散らかるのか?『片づけの解剖図鑑』でスッキリと。

IMG_0282

こんばんは、もりじゅんです。

いきなりですが
今年、築30年の我が家をリフォームします!
「リフォームするね〜ん。」と言うとみんなが
「どんな家にするの〜?」って聞きます。



>>> どんな家に住みたいか?


そう、これ基本中の基本。
これが決まってないと家作りはできない!!
いろいろ考察した結果、私は、ズバリこう答えたい。

片づきやすい家!


いつもきちんと片づいている家は、ノーストレスで心地よく暮らせるはず!
「家とコミュニケーション」で編集長が訪ねた素敵なお家の
マキさんもおっしゃってましたよね〜。

白状しますと、それは今現在全くもって「片づかない家」に住んでるからです、ハイ。
片づけたつもりでも、いつの間にかまたすぐ散らかってしまう。

古い家で収納に難ありなのも、もちろんありますが〜
一番大きな理由は、わたしのずぼらな性格に由来するでしょう(汗)。
ははは・・編集長と共に、yuriさんに弟子入りしなきゃ。


IMG_0187
◾︎ デザインやテイストももちろんこだわりたいけれど、その前に・・?


>>> 片づきやすい家ってどんな家?


さて、10年前に引っ越してきた時、すぐにリフォームしなかった理由に
使い勝手のいい家を即作れる自信がなかった、ってのがあります。

だったら、住みながら改善点を探っていこう!って考えたのですが
これが意外な落とし穴で。自分の性格をわかってなかった。

たぶん、片付けや収納が上手な人は、古い住まいでも
うまく工夫して、難点をカバーしていくはず。
そういう人は新しく家を建てたりリフォームする時
改善点はすぐ出てくると思うのです。
だって自分で工夫していたところを、家の仕組みとして変えれば良いワケだから。

だけど私みたいにずぼらだと、なんとなーく不便だな〜、おかしいな〜、
と思いながらも工夫もせずにきちゃったので、結果片づかない家になってるし
改善点がちゃんと整理できていないという事態に。

つまり、片づきやすい家が見えてこない・・。

焦りました!焦ってジッタバッタしているところに、
ある本との運命の出会いが!

そう。前振りが長くなりましたが
今夜は、ズバリこの本をご紹介したいんです!!


>>> 『 片づけの解剖図鑑 』


IMG_0208 こちらから

この本、片付けや整理収納の具体的な技術や方法ではなく、
それ以前の家の仕組みに関する問題をまとめているのです。

家はどのようにつくっておけば散らかりにくいのか」という
住宅設計の根本をなす計画上の知恵や工夫、その裏にある深〜いワケ、が書かれてる!

つまり、きちんと片づき心地よく住まう為の家の仕組み、間取りや収納、
導線などを解剖して考察しているので、とてもわかりやすい!!

まさに、これから片づく家を作ろうとしている私に、うってつけの本!

とにかく、読みやすいし見やすい。
そして何より読んでいて、とても興味深くて面白い!


>>> では、皆様にも1つ考えてもらいましょう


皆さん下の図の中で、散らかりにくくて片づきやすいキッチンは
A〜Dのどれだと思いますか?


IMG_0250            
          + 
          + 
          + 
          + 
          

おススメは、CかDだそう。 ↓↓↓ 内容読んでみてくださいね!

IMG_0251
IMG_0268

ワークトップに十分な空き地。そしてそれは1箇所にまとまってても
使い勝手が良くない。
キッチン1つでも、片づきやすい仕組みはちゃんとあるんですね。

うちは今 A のキッチンですが
シンクの左にスペースがなくって、とても不便なのです。

まさにこれを読んで改善点が1つ把握できました!


>>> ゴミ問題までしっかりと!


見落としがちな、キッチンのゴミ置場問題。
今現在、私も困っております。

IMG_0260
IMG_0253

キッチン用品や食品の収納まではしっかりと考えても
ついついゴミを収める場所って、忘れてしまうものなんですよね〜。

新築後の建主さんからのアンケートで、常に上位に
ランクする不満だそうですね。

うちもしっかりと考えたいと思います!


IMG_0222
◾︎ ワークスペースは作りたいと思ってましたが、これがあると散らかっていても片づいて見える?!やっぱり必須だ〜。


IMG_0081
◾︎ 実は、この『 片づけの解剖図鑑 』は『 住まいの解剖図鑑 』 の続編なんです。合わせて読むと、尚よろしいかと!



その他
」の問題や「明かり」のことなど
なかなか気づかない点にも触れています。

IMG_0255
◾︎ 人気のフローリングやコンクリート打ち放しなど、硬い素材ほど音を跳ね返す。
IMG_0256
◾︎ 明かりについては、片づきすぎている?面白いですね〜。

         +
         + 
         +


ほんのさわりだけ、ご紹介させて頂きましたが
本当にこの1冊で、どうしたら心地よい住まいを作り出せるのかが
良くわかると思います。

私も、おかげで改善点が随分クリアに見えてきました!
これから始まるリフォームの打ち合わせに
自信を持って臨めそうです♪。




この先
家を建てようと考えてる方。
又リフォームを考えてる方。

あと家を建てる計画は特にないけど
なんか片づかな〜い、って私みたいな方。
是非とも、おススメの1冊です!

IMG_0283










きっと、すーーーっと霧が晴れたようにスッキリとして
住まいづくりのワクワクが膨らんでゆくはずです!

WRITER

じゅん


編集スタッフ
しゅふ



くらしの研究室

美しさ、時間、想像力、感受性、感動。
目には見えないけれど確かに存在するもの。
モノの向こう側にあるストーリーを感じとり、自らの美意識に基づき、生活や人生をデザインしていく事は、生活に潤いや楽しさを与えてくれます。
くらしの研究室では、毎日の暮らしを彩ってくれる様々な出来事やモノを特派員それぞれの切り口で紹介します。    

NEWS & EVENTS

ALL