くらしの研究室

17

Aug.2015

/

からだが喜ぶ「食」でパワーを!
〜P.O.Fさんの薬膳セミナー〜


こんばんは。
皆さま、ご無沙汰いたしております!もりじゅんです。
今夜は、とっても体の為になるセミナーに参加してきましたので
そのレポートを!

IMG_2694

行って参りましたのは、以前てんちゃんが記事にさせて頂いたお店
「P.O.F」さんで行われた「薬膳セミナー

今回のテーマはずばり 『夏の食養生〜暑さに負けるな!〜』
連日の猛暑!!皆さま「夏バテ」してませんか〜?

かくいう私も、例年以上に冷たい飲み物食べ物をいっぱいとってしまい
すでに食欲減退。体がだるく、冷房にヤラレ足はむくみっぱなし。
完全夏バテです。


IMG_2698-2

そんな私にぴったりの、今回のセミナー。
教えて頂いたのは「P.O.F」のオーナーであり、国際中医薬膳管理師でもある
吉田 奈麻さん。



からだに合ったものを食べる

まず手渡されたのは、今の自分の体の状態や、体質を知る為のチェックシート。
それを知らないと、どういった食べ物を取り入れていいのかわかりませんよね。

体質を決める3つの要素、というものがあるそうで、それは
「気」 「血」 「水」 。

気 き」は、元気やる気、気力の気。
血 けつ」は、血液そのものと血液の構成要素。
水 すい」は体液。津液とも言うそう。

このどれか、もしくはいくつかが不足したり滞ったりすることで
何かしらの不調があらわれ、体質が決まってくるそう。

IMG_2700

写真 右: 吉田 奈麻さん



私の場合は「気虚 ききょ」というタイプで、その字面からも
想像できるよう「気」が足りていません。「疲れやすく、やる気がない」
自分のことはどこかしら承知しているものですね、とても腑に落ちました。

体質や今の自分にあった食べ物はどういったものか、アドバイスしていただきます。


IMG_2706
「気虚」には、体を少し温め気を補う食べ物。
米、豆、いも類。牛、鶏、うなぎなど良いそう。



夏に起こる不調は?

さて、体質はそれぞれ異なりますので、ここからは夏の一般的な
養生について、教えて頂いたことを簡単にレクチャー!

一般的な夏の不調としては・・・

① 動悸、めまい、だるさ、不眠、気分の不安定、熱中症など
これらは、暑さからくる、体内の水分が失われて体液が少なくなることで
血液に粘りが出て引き起こります。


②食欲不振、お腹のしくしくした痛み、消化不良、吐き気、下痢、疲れやすい、
下半身のむくみなど 
こちらは、湿気が多いと汗が出にくく、過剰な水分の取り過ぎも体に
水分停滞を引き起こします。冷たい物のとり過ぎも同じです。



IMG_2719



夏に負けない食材

ではこういった夏の不調を改善するのに持ってこいの食材って?
おおざっぱに言いますと、やはり夏の旬のものが多い、ですね〜。

◼︎ 体の熱を取り利尿作用のある食材 
スイカ、メロン、冬瓜、にがうり、きゅうり、なす、レタス、はと麦、あずき、緑茶、麦茶 など
寝る前のメロンやスイカにはご注意を!


◼︎ 体を潤す食材
豚肉、たまご、牛乳、豆腐、あさり、うなぎ、トマト、オクラ、バナナ、梨 など

◼︎ 脾をいたわる食材  ✳︎ 脾・・・胃と共に消化・吸収を行い、血の循環に関わる臓器
とうもろこし、じゃがいも、かぼちゃ、枝豆、豆腐(大豆) など
ホクホクしたものだそうですよ!




知ってると良いかも!

IMG_2730 セミナー後は、おいし〜い抹茶のティラミスと、柿の葉茶を頂きながらの座談会。



美味しいティータイムにリラックスしたのか、いろいろ個人的なアドバイスを求めたり
オススメの薬膳の本はありますか?などわいわい賑やかに話が弾みました!

先生のお話の中で、これは知ってると得だよね!っていうプチ情報としてこんなのも!

 ◼︎ お酒を飲んだ後は、パイナップルジュースを飲もう!
     これは消化促進に良いみたいですね。ビールの進む季節ですし覚えておいてくださいね。
     二日酔いにも◎

 ◼︎ イライラした時(また緊張時)は、ミントの葉を袋に入れてしばらく深呼吸してみる
     実際先生は、大事な試験の時に試してみて効果があったそうですよ。
     すーーっと、心が落ちつくそうです。


IMG_2703
IMG_2724



パワーはどこから

薬膳って!?そんな簡単に私にもわかるのかな?なんて思っていましたが
誤解を恐れずざっくり言いますと、本当にからだが欲しているものを食べ
からだの調子を整えてゆくことなんですね。

だけど暑すぎる夏、アイスにかき氷、ビールにジャンクフードなんてのがおいしくって・・。
気づけば自分の欲のままに食べ物をとってしまい、感覚も鈍って
本当にからだが欲しているものがわからなくなってしまう。

今回のセミナーをきっかけに、自分に合った食材を取り入れて
からだの調子を取り戻そう!と強く思いました。
やっぱり調子が良くないと、パワー出ませんものね!

そして、薬膳に俄然ふつふつと興味が沸きましたので
良い意味でゆるりと学びながら、日々のご飯作りに役立てていきたいな〜と思います。

IMG_2711

吉田さんの言葉で印象的だったのが

今の時代癒しが求められていますが、癒しだけでは足りないんですよね。
パワーが必要。元気になってもらいたいんです!
」と。

吉田さん自身、お店やこういったセミナーを通して、人との出会いや交流からも
たくさんのパワーをもらってます、とおしゃっていました。

本当にそうですね。

からだに合ったおいしい食べものから。
そして、たくさんの良き人との出会いから。
パワーを充電したいものですね!!


IMG_2725
P.O.Fさんでは、不定期に薬膳セミナーを行って
らっしゃいますので、ぜひ興味が湧いた!って方は
ホームページをチェックしてみてくださいね。



POWER OF FOOD
〒630-8113
奈良市法蓮町421-4 井田マンション101号
徒歩/近鉄奈良線「新大宮」から徒歩約5分
定休日 日・月
営業時間 11:00〜17:00
駐車場 有り
HP http://pof.petit.cc/ FB P.O.F. FBpage





◼︎ POWER+ ◼︎
今後のイベント

※お問合せはHPまたはFACEBOOKまでお願いします。

9月28日(月) ※①は満席
第4回 薬膳セミナー「秋の食養生」
〜乾燥に負けない〜
時間:①10:30〜12:30 ②13:00〜14:30
講師:国際中医薬膳管理師 吉田奈麻(P.O.F.店主)
参加費:2,000円(焼き菓子・ドリンク付)

10月5日(月)
第5回 薬膳セミナー「秋の食養生」
〜乾燥に負けない〜
時間:①10:30〜12:30 ②13:00〜14:30
講師:国際中医薬膳管理師 吉田奈麻(P.O.F.店主)
参加費:2,000円(焼き菓子・ドリンク付)

WRITER

じゅん


編集スタッフ
しゅふ



くらしの研究室

美しさ、時間、想像力、感受性、感動。
目には見えないけれど確かに存在するもの。
モノの向こう側にあるストーリーを感じとり、自らの美意識に基づき、生活や人生をデザインしていく事は、生活に潤いや楽しさを与えてくれます。
くらしの研究室では、毎日の暮らしを彩ってくれる様々な出来事やモノを特派員それぞれの切り口で紹介します。    

NEWS & EVENTS

ALL