特集記事 > 5分 de 世界旅行

26

May.2017

/

スウェーデン旅行旅日記
「10日目 後ろ髪ひかれども、渡航書は肌身離さず」

前回までのお話>

faceSW3
3人の自由で楽しい北欧旅行が一転し、
パスポートを紛失した2日前・・
そしてひとまず国境を渡って帰国することを許可してもらえた昨日・・・

10日間色々なことがありましたが、
ついに今日最終日。

5分で読める旅日記、最終回はじまりま〜す!



花kei2
_MG_9106
10日目SW
おはようございます。
7時起床。

朝ごはんをガラス張りのテラスで。

今日帰れるんだー・・幸せ・・
一人でも大丈夫と思ってたけど、やっぱりほんとはちょっとだけ嫌だった。

チェックアウトの際、リンダに渡航書を見せてさよならのハグ。
「またスウェーデンに来てね!
でももうパスポートなくしちゃだめよ!」とリンダ。

そう、昨日私が帰れると分かったあとで、リンダが私に
「実は私もモロッコに行った時にパスポートなくしてパニックになったのよ。
だからあなたの気持ちはすごくよくわかるの!」
と言ってくれた。

このタイミングで言うところが、またリンダのイケてるところだ。

「本当にありがとう。」とお礼を言うと
「当然のことをしたまでよ!」的なことを言っていた。
かっこいいリンダ、本当にありがとう!!

さて、最終日の今日は
ヒュートリエット広場で開かれているロッピス(蚤の市)へ。

IMG_9135

_MG_9143

行ってみると思っていたほどは大きくなかったし、
そんなに安くもなかったけど、
最後なので結構買った。

お皿2枚、鳥の置物、小さな額をたくさん。

お皿、日本に帰って調べたら、青いのはスウェーデンのGefle社のKosmosというシリーズ、
緑のはノルウェーのSTAVANGERFLINT社のBRUNETTEというシリーズのようだった。

詳しければ意外な掘り出し物も見つけられるのかも。
img107
額を買ったところのおばさんに、
「今度京都と奈良に行くのだけど、
ガイドブックにのっていないようなお店を教えてほしい」
と言われた。
しかし急なことで全然思いつかず、面目無い気持ちに。

今後こういうことを聞かれた時のために、
回答を準備しておかなくてはと思う。

青色点々
ロッピスをあとにして、
昨日失意の中オレンジーナを買った中央駅のcoopへ。
昨日のキラキラボーイが今日もいて、
今日もすこぶる感じが良い。

お土産にスモークサーモンなどを買い込む。

帰り道急な夕立に合い、びっしょびしょでホテルに戻る。
M美はどこで買ったのか、謎のビニールの靴カバーを持っていて、
それを装着していた。

荷造りして14:30頃空港へ向けて出発。
今回泊まったScandic Ariadne。
本当にいいホテルでした。
見つけてくれたM美ありがとう。

空港行きのバスが満員で1本遅れるハプニングはあったけど、
無事空港到着。

TAXリファウンド(消費税の返金手続き)やお土産購入などすまし、
渡航書で無事イミグレーションも通れました。
絶対無理だけど、パスポートの予備を持てるシステムがほしい。

時間がきて搭乗。
いよいよ帰ります!
さようなら〜ありがとうスウェーデン!!

diamond2

一瞬だったスウェーデン。
10日間と思えないほど色々あったけど、楽しかった。
旅の友、Y子とM美もありがとう。

何事も焦らず丁寧に。
人に迷惑をかけないように、まずは自分のことを着実に。

ということを胸に刻んで・・
いやこれまで何度も刻んでいるのだけど・・
また上から刻み直します。

おつかれさまでした。
_MG_7907
_MG_7752
_MG_9030
_MG_8004
_MG_7643

後日談として、調べて分かったこと。

大使館のタカノさんに電話をしたあの日、
タカノさんが「今から王宮に用事があって・・」とおっしゃっていたその公務とは、
おそらくスウェーデンの王女様の結婚式であったと思われる。

そんな結構なビッグイベントの朝に電話をし、
さらに昼から渡航書を発行してもらい、
また改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

初夏のスウェーデン、本当に素敵なところでした。
6月下旬には夏至祭というお祭りもあります。
私たちが見れなかった素敵なものもまだまだたくさんあると思います。

北欧は治安もいいですし、
海外旅行の候補に気軽に入れていただけると思うので、
5分じゃ足りねえ、やっぱり実際行ってやるぜ!
という方がいたら嬉しいです。

それではまたどこか違う場所でお会いしましょう!

最後にこの旅中、私が収集したスウェーデンの押し花でお別れです。
10日間、お付き合いありがとうございました。


img114
img111

img113
img112

tuduku101SW

※1日目から読んでみようという方はコチラから!

WRITER

閑香


特派員
時々旅人、時々写真家



特集記事

ここでは、各コンテンツには収まらない、様々な特集記事をご紹介してゆきます。
季節やイベントにリンクした企画や、
ちょっと変わった企画まで、 家や暮らしに留まらず、様々な切り口でお届けします
新しいコンテンツがここから誕生するかも?

NEWS & EVENTS

ALL