discovery Nara

12

Jan.2015

/

英国テーブルウエア あなたの好きな年代は?《MLP SHOP》

0308
こんばんは、てんです!

本日紹介させていただくのは、「奈良ホテル」から徒歩3分ほどの路地裏にひっそりそびえ立つ「MLP SHOP」
主にイギリスやニュージーランドのアンティークを扱っているお店です。

0315
日本らしい古民家の店舗ですが、戸を開けるやいなや異国の風。
すごい数の食器類が目に入ってくるので、テーブルウエア専門店かと
思いきや、実は階段を上がると家具やインテリアもあるんです。

0316
食器専門や家具専門のお店は多いのですが、
「MLP SHOP」では食器と家具やインテリアを合わせてコーディネート
できるように考えています。

「当時の雰囲気を知るには映画やドラマを観るとイメージしやすいんですよ。」
店主の山内さんは、もともとイギリスのTVドラマ(「シャーロックホームズ」「名探偵ポワロ」「ミス・マープル」など)や映画で使用されていた食器やインテリアに興味を持たれたそうです。
(そんなところばかり目で追っているとのこと。笑)

■ デザインから自分の好きな年代がわかる??


こちらにはたくさんの商品がありますが、年代も製造元もさまざま。
それでも、知らず知らずのうちに同年代のものどうしを選ばれる
お客さんも少なくないそうですよ。
好きなテイストで自分の好きな年代がわかる?かもしれませんね。

そこで、店主の山内さんに年代別にコーディネートをお願いしてみました!

1950s

0347
0369_

■特徴:
「黒」「赤」をあしらったコントラストが強いデザインが好まれました。 シンプルで潔い印象ですね!
■PICK UP CUPS:
右/ Midwinter ‘RED DOMINO’
左/ Midwinter ‘ZAMBES’




1960s

0386
0390

■特徴:
大きな花のモチーフが人気だった60s。「MARY QUANT」のロゴマークが元になっているそうですよ。また木製のアイテムも親しまれ、良質のチーク材などが使用されていました。
■PICK UP CUPS:
Midwinter ‘SIENNA’




1970s

0419
0429

■特徴:
人気の高いホーンジー社の’サフラン’柄の食器はこの頃のもの。プラスチック製品が普及し食卓にも多用されました。
■PICK UP CUPS:
右/ HORNSEA ‘SAFFRON’
左/ HORNSEA ‘FLEUR’
奥/ HORNSEA ‘HEIRLOOM’



■ ERCOL (アーコール) 社のチェアもベストマッチ。


何となく、雰囲気の違いがお分かりいただけたでしょうか?
日本でも人気の高いアーコール社のチェアはちょうど1950〜1970年代に製造されているため、上で紹介した食器などにもよくマッチします。

実は、「MLP SHOP」は2015年1月末から2付き中旬にかけて 英国に買い付けに行かれる予定だそうで、
4月頃にはアーコール社のヴィンテージチェアがたくさん入荷するとのこと。狙っている方は要チェックです!


0436 今回の無茶なお願いにも快く応じてくださった店主の山内さん。

お店には、もっと古い年代のものから珍しいものも並んでいますので
店主にいろいろ尋ねてみてくださいね♩


MLP SHOP
〒630-8301 
奈良市高畑町1030
(「近鉄奈良」駅から徒歩15分)
定休日 木曜日
営業時間 11:00〜19:00
TEL 0742-26-3460
HP


WRITER

てん


編集スタッフ
カメラマン/デザイナー



discovery Nara

奈良のイメージ。「鹿、大仏、修学旅行??」
ちょっと待って〜!奈良って、たしかに京都に比べたらとっても素朴かも。 だけど、まだまだみんなの知らない素敵なトコロがたくさんあります。 歴史、自然、食べ物、人。 「もっと多くの人に奈良を知ってほしい!」とアメヒヨスタッフが立ち上がり、 奈良の魅力をお届けするのがこのコンテンツ。
「奈良、再発見!」がミッションです。

NEWS & EVENTS

ALL