discovery Nara

11

July.2016

/

ありのまま、美味しい
樸木 《安堵町》

IMG_8507

こんばんは。朝は時短でパン派のじゅんです。
(もりをとることにしました!どっちでもええですね)

いつもは家計に優しいスーパーのパン( 超熟6枚切り〜 )を愛食して
おりますが、時には手間暇かけられたお店のパンが食べたくなります。
中でも、時々無性に食べたくなるパンがございまして。

今夜は私が愛してやまないとっておきのパン屋さん
樸木 あらき 』をご紹介いたします♩


IMG_8491

安堵町、畑や田んぼが続くのどかな風景。その中に可愛くてどこか
牧歌的な佇まいの青い小屋がぽつり。車で向かうのが最適な場所ではありますが
わざわざでも足を運びたい、嬉しくなる風景に出会えます。


IMG_8504
IMG_8496
IMG_8622
IMG_8511



くせになる味わい、天然酵母のパン

初めて「樸木」を訪れたのは今から9年ほど前。
それまで天然酵母のパンをほとんど食べたことがなく、いわゆる菓子パンや
お惣菜パンばかり口にしていた私。食べてビックリ〜なんて美味しいの!

モチっとした歯ごたえ、噛むほどに味わいのある小麦や天然酵母の優しい甘みは
どれもが魅惑的。染み入るような美味しさに、すっかり病みつきになってしまいました。


IMG_8619

樸木のパンに出会ってから、天然酵母のパンに目がなくなりました♩


IMG_8530

IMG_8560

「日替わりスープセット パン盛り合わせ」のランチを頂きました。ドリンクとミニケーキがついて嬉しい ¥1000-(税別)


IMG_8562

こちらは「日替わりスープセット 豆腐ハンバーグ」同じく、 ¥1000-(税別)






子供の頃から大のパン好き

「樸木」は今から19年ほど前、中谷さん姉妹とご友人の3人で
スタートを切りました。当初は法隆寺駅前にありましたが、2005年にはこちらへ。
子供の頃からパンが大好きだったという、店主の 中谷えみさん。
お店を開くまでも、パン屋さんで働いていたそう。


IMG_8542

20年以上前に、阿倍野の百貨店で天然酵母の美味しいパンに出会い
自分でも天然酵母のパンを作ってみたい!と思い始めました。
だけど当時は今ほど天然酵母パンは普及しておらず、参考にできる本も少なく、、。
試行錯誤、独自にパン作りを重ねた結果、今の樸木のパンは生まれました。


IMG_8572

クッキーやシフォンケーキなどのお菓子も。使用する油分はココナッツオイルなどヘルシーなもの。 





ご飯のように日常的なパンを

IMG_8545

ご飯を食べるように、毎日食べても飽きないものを作りたいと話す中谷さん。
材料はとてもシンプルで北海道産の小麦粉に自家製酵母と自然塩。卵や乳製品、油は使っていません。
季節の野菜や果物が入ったパンも、なるべく地元のものを使っています。
とてもヘルシーなのでお子様やベジタリアンの方にもぴったりです。


IMG_8518

体に優しい厳選した素材を使ってはいるものの、徹底した無農薬などのこだわりはないそう。
材料へのだわりが強すぎると、どうしてもお値段が高くなり現実的ではない。
日常的に食べてもらいたいという思いは、ちゃんとお値段にも反映されているのです。



物語のパン屋さん?樸木の物語

IMG_8553

記事冒頭の写真や、上の写真のカードに印刷されているのは「樸木」のお店のマーク。
味わいのあるとても素敵な版画絵ですね。絵本作家、市居 みかさんのデザインです。
中谷さんは絵本が大好きで、お店には高校生の頃から集めた絵本がたくさん並べられています。


IMG_8587

お茶をしながらゆっくりと絵本のページをめくる。大人も子供も、そんな心豊かにしてくれる時間をここで過ごせます。 


IMG_8523
IMG_8617

右下の絵本「ほしのはなし」は、あの北野武作!「けっこうミーハーです」と中谷さん。笑 



市居さんの特に版画の絵にすっかり魅了され、知り合いのつてを頼って是非にと
お店のマークのデザインをお願いをしたそうです。絵本が大好きというだけあって?
お店そのものも何だか、物語に出てくるようなパン屋さんに思えてきます。


IMG_8539
IMG_8611











左:お店の中に街灯?趣のあるこちらは気に入って
昔ならまちで求められたものだそう。
物語が始まりそうなビジュアル。。

下:2階では、雑貨の販売もされています。


IMG_8548


樸木の「樸」という字は、切り出したままの木という意味だそう。
ありのままで飾り気がない。まさに「名は体を表す」
自然で素朴だけれど、しっかりと美味しさを届けられるパンは
みんなをほっと安心感で包みこんで、魅了し続けるのでしょう。

「 このままずっと、パンを焼く暮らしを続けていけたら 」
パンを作ることが大好きでそれが仕事になっているのが嬉しい、と中谷さん。

この青い小屋の、美味しいパン屋さんの物語はつづきます♩


IMG_8499


天然酵母パン 樸木
住所: 〒639-1064 奈良県生駒郡安堵町窪田190-1
TEL&FAX: 0743-57-9300  
営業日・時間:水・木・金・土・第1日曜
AM10:30~PM7:00
HP

 

WRITER

じゅん


編集スタッフ
しゅふ



discovery Nara

奈良のイメージ。「鹿、大仏、修学旅行??」
ちょっと待って〜!奈良って、たしかに京都に比べたらとっても素朴かも。 だけど、まだまだみんなの知らない素敵なトコロがたくさんあります。 歴史、自然、食べ物、人。 「もっと多くの人に奈良を知ってほしい!」とアメヒヨスタッフが立ち上がり、 奈良の魅力をお届けするのがこのコンテンツ。
「奈良、再発見!」がミッションです。

NEWS & EVENTS

ALL