discovery Nara

07

Apr.2016

/

一面の菜の花 藤原宮跡

こんばんは、明日香です!

本日の奈良は雨模様。
せっかく満開に咲いた桜も散ってしまいそうですが、
今夜は今年最後のお花見にぜひ訪れてほしい「藤原宮跡」のご紹介です。


IMG_6248

一面の菜の花と、それをぐるりと囲むピンクの桜。
北に耳成山、西に畝傍山、東に天香具山。
古来より人々に親しまれてきた大和三山の眺めも美しい、
写真好きな方にはすっかりおなじみのスポットになりつつある「藤原宮跡」。
春は菜の花、夏はハナハス、秋はコスモス、と四季折々の花畑を楽しむことができます。

お花畑として人気の藤原宮跡ですが、
歴史好きとしては「古代の都」という本来の顔からご紹介させてください。

IMG_6333
藤原宮跡は、694年に完成した藤原京の中心施設である藤原宮のあったところです。
宮都として有名なのは平城京・平安京辺りですが、
「なんと(710)見事な平城京」の前の都がこの「藤原京」。
結果的にはたった16年間という短い期間だけの都でしたが、
藤原京は日本初の「計画都市」ということで歴史的にとても重要な都なのです。

それまでは、代替わりごとに場所を移転していた天皇の住居ですが、
中国のように長期に渡り利用できる都型のものにしようということでできたのが藤原京。
恒久的な都としてずっと使用するため、インフラの整備までするなど、
これまでの都づくりとは比べ物にならない労力がかかった都でした。

と、ここで疑問が。
なぜそこまでしてできた都がたった16年で遷都してしまったのか。

調べたところ、有力な説が二つ。
一つ目は「用排水設備が不十分だったため」説。
衛生上問題があり、疫病が流行るなどしたから、だそう。

そして二つ目が「その頃力を持っていた藤原不比等の意向」説。
藤原京が飛鳥の地に近く、独自の権力を得るために、
旧有力豪族を引き離す必要があったため、とのこと。

はっきりした答えはわかりませんが、
こうだったのかな、ああだったのかな、といろいろ頭を巡らすところが
歴史の面白いところです。

宮都としての役目を終えた藤原京。
その後は道などもすべてなくなり、田畑となりました。
今現在藤原宮跡には昔の建造物が残っているわけではなく、
再現された赤い柱の列といくつかの立て看板があるのみです。

IMG_6334

とはいえ辺りを穏やかに流れる空気や、昔から変わらぬ大和三山の姿が、
遥か悠久の時に思いを馳せるに十分な役割を果たしてくれます。

IMG_6340
IMG_6357
IMG_6324
もっと詳しく藤原京について知りたい方はお隣にある「資料室」もぜひ覗いてみてください。
当時の模型や関連映像など、見どころ満載です!

IMG_6379

さて、すっかり前置きが長くなりましたが、
そんな藤原宮跡で現在皆が楽しみにしているのが四季折々のお花畑。
全部で5つのゾーンがあり、季節ごとに美しい姿を見せてくれます。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

春ゾーン ⇨ 約25,000平方メートル一面の菜の花
朝堂院東ゾーン ⇨ 各季節の花
蓮ゾーン ⇨ 11種類のハナハス(花蓮)
夏ゾーン ⇨ 約7,000平方メートルにキバナコスモス
秋ゾーン ⇨ 約30,000平方メートルに300万本7種類のコスモス

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


IMG_6212
今回訪れたのは4月5日。
この時期は25,000平方メートルの花園に、250万本の菜の花が咲き乱れ、
また、同時に花畑の周囲に植えられた桜も満開を迎える最高の時。

IMG_6263
IMG_6251
IMG_6262
カメラを持った方、お散歩を楽しむ方、お弁当を広げている方、
春の訪れを真っ黄色のカーペット共に楽しむ方たちで賑わっていました。

桜は散ってしまうかもしれませんが、
菜の花の見ごろは、4月上旬から中旬とのことなので、
今から見に行ってもまだまだ間に合います!

間近に広がる菜の花畑はただただ美しいの一言。
歴史好きな方も、お花好きな方も、写真好きな方も、
きっと大満足のオススメスポットです。

春の虫、鳥の声、緩やかな春の1日をどうぞ楽しんでくださいね。

IMG_6282


【藤原宮跡】
奈良県橿原市醍醐町

近鉄耳成駅 徒歩約30分
JR畝傍駅 徒歩約30分
近鉄畝傍御陵前駅 徒歩約30分
コミュニティバス橿原市藤原京資料室前 約4分

WRITER

明日香


副編集長
カフェナナツモリオーナー



discovery Nara

奈良のイメージ。「鹿、大仏、修学旅行??」
ちょっと待って〜!奈良って、たしかに京都に比べたらとっても素朴かも。 だけど、まだまだみんなの知らない素敵なトコロがたくさんあります。 歴史、自然、食べ物、人。 「もっと多くの人に奈良を知ってほしい!」とアメヒヨスタッフが立ち上がり、 奈良の魅力をお届けするのがこのコンテンツ。
「奈良、再発見!」がミッションです。

NEWS & EVENTS

ALL