discovery Nara

02

Dec.2015

/

木造校舎 現代美術館 2015
〜「カエデの郷 ひらら」にて〜

 IMG_4861

こんばんは、もりじゅんです。
12月に入りましたね。木々も紅葉の葉を落としてすっかり冬支度。
我が家も朝晩の寒さに耐えかね、とうとうストーブを出しました。

なので「芸術の秋」というにはちょっと遅すぎるのですが〜、先月半ば
奈良県宇陀市にある廃校になった「旧菟田野町立宇太小学校」の校舎で開催されていた
「木造校舎 現代美術館 WSMA」 に行ってきました。(11月15日にて終了)

普段は「奈良カエデの郷 ひらら」としてOPENしているこちらの廃校舎は
アメヒヨがスタートしてすぐの頃てんちゃんが記事にしていますね。
(てんちゃんの記事 → ★)


IMG_4883

少し前に開催されていた奈良・町屋が舞台の芸術祭「はならあと」など、奈良でも美術館以外で
アートを観る機会が増えてきましたね。けれど、廃校の木造校舎でというのは私は今回初めてです。


IMG_4742

エントランスからさっそくアート。異空間へと誘うように。
しばし写真にて作品をご鑑賞ください。


IMG_4790


IMG_4792


IMG_4801


IMG_4806


IMG_4776

これは、この学校の卒業生の作品。これもアートですよね。



IMG_4770


IMG_4763


IMG_4805
IMG_4765

尺八の音が聞こえてきて虚無僧さんが廊下を歩いてゆく不思議。これもアート?




IMG_4834


IMG_4875


IMG_4818
IMG_4823

お茶室も。カエデの郷に合わせた楓のお着物が素敵。






吉野杉を使った「市 ichi 」の美しい家具


以前、特集記事で吉野郡の「OFFICE CAMP HIGASHIYOSHINO」を野生児ひろせが
取り上げましたが(記事はこちら )そちらで吉野杉を使った素敵なベンチに出会いました。

それは、今までの杉の家具にあるような少し古臭いイメージを見事に塗り替えて
お洒落でとてもデザイン性に優れたものでした。実際に座ってみると、杉の柔らかさと温かみが
身を包みこむような座り心地で、ただ美しいだけではない用の美を兼ね備えていました。

以来ずっと気になっていた家具だったのですが、その「下市木工舎 市 ichi」さんの家具に
なんとこちらで再会!(実演と少し販売もされていました)
吉野郡下市町で、吉野杉を使った鉋仕上げの家具を製作する「市 ichi」さんの職人育成の取り組み。
いつかちゃんと記事にさせていただきたいなあ。



IMG_4784


IMG_4788

鉋で仕上げていくので、ヤスリ仕上げにはない見事な滑らかさです。
いつか椅子を買いたい。




IMG_4782
IMG_5215
IMG_5219

コースターを購入いたしました。木の板の柔らかい部分(春目:はるめ)を磨きながら削ぎ落として
木目を浮き上がらせた、浮造仕上げがされています。この仕上げのおかげで器が濡れていてもコースターが引っ付かないそう。






場の持つ力が生み出すここにしかないアート


IMG_4856

私が観に行ったのは最終日だったのですが、ちょうどアーティストの方々のトークイベントも
ございました。お話されていた中で特に印象的だったのが、今回アーティスト同士で特に
話し合ったわけでもないけれど、出揃ってみるとなぜか丸いモチーフのものが多かったんです、と。


IMG_4827


IMG_4865


IMG_4878


きっとこの古い木造校舎から受け取った何かに、それぞれが呼応し
自然と共通したものを生み出したのかもしれない、とそのようなことをおっしゃっていました。



IMG_4859



かつては大勢の子供達が過ごした、活気に溢れていたであろう木造校舎。
廃校になってからは、ただ繰り返し日が暮れるのを静かに見送っていたに違いありません。

けれどその古い木造校舎には、子供達の溢れるほどのエネルギーの記憶が刻まれていたのでしょうか。
今回アートによってそれは触発され共鳴し合い、不思議な命のようなものがこの場に宿ったかのように
感じました。




IMG_4877


IMG_4794


時を経た木造の優しい温もりと、窓からの移ろいゆく光が生み出す空間は
ここでしか見ることができないアートの表情を作り出していました。
美術館では味わえない、心地よく五感を刺激されるアート体験。

又、来年の「木造校舎 現代美術館」を楽しみしたいと思います!








IMG_4864



木造校舎 現代美術館 WSMA(FB) → 

WRITER

じゅん


編集スタッフ
しゅふ



discovery Nara

奈良のイメージ。「鹿、大仏、修学旅行??」
ちょっと待って〜!奈良って、たしかに京都に比べたらとっても素朴かも。 だけど、まだまだみんなの知らない素敵なトコロがたくさんあります。 歴史、自然、食べ物、人。 「もっと多くの人に奈良を知ってほしい!」とアメヒヨスタッフが立ち上がり、 奈良の魅力をお届けするのがこのコンテンツ。
「奈良、再発見!」がミッションです。

NEWS & EVENTS

ALL