discovery Nara

23

Sept.2015

/

かくれ里、葛城の魅力

IMG_0081
こんばんは、お久しぶりの明日香です!

基本的に人ごみが苦手、喧騒が苦手の私がご案内するのは
いつものごとく奈良の渋〜い名所。

心と体がちょっと疲れたなぁ、という時に訪れていただきたい
とっておきスポットをご紹介します。


|| 神話の舞台、葛城



今回ご紹介するのは葛城古道界隈。
数々の神話の舞台となった神々の里、葛城。
ウォーキングが好きな方なら、のんびり歩くのにもピッタリの神秘的な道ですが、
今回は車で足早に名所を巡ってみます。

神社はあんまり興味がないな〜、という方は、
こちらの記事自体も足早に写真だけ見て下さい。
気になる場所があったなら、途中下車して文章も読んでみて下さいね。

ちなみに運転技術のあまりない私。
狭い道だったらどうしよ〜、と若干ビビりながら出発しましたが、
結果、そんなに恐れる事はありませんでした。
今回ご紹介する場所は全て駐車場もありましたので、
女性お一人でも気軽に訪ねる事ができますよ。



名称未設定-7
《奈良memo》
県外の方からしたら意外とわからない奈良県内の位置関係。
皆様が奈良と聞いて思い浮かべる観光地の大体は、
左記の図のように上半分にすっぽり入ってしまいます。

今回訪れたのは“葛城”古道、ですが、
葛城市、ではなく御所市にある神社がメイン。
葛城市にある有名なお寺では當麻寺があります。
私の営むナナツモリの住所は“北葛城郡”上牧町。
ややこしいですが、お間違いなく。



|| かも神社の総本社、高鴨神社



まず訪れたのは「高鴨神社」。

IMG_0011
京都の賀茂神社(上賀茂神社・下鴨神社)を始めとする
全国のかも(鴨・賀茂・加茂)神社の総本社にあたると言われています。

老杉に囲まれて建つ本殿は室町時代の建築で、国の重要文化財。

鳥居をくぐると突然サラサラと水の流れる音が響き、
一気に空気が神聖なものに変わります。

左手には池が広がり、色とりどりの大きな鯉と奉納舞台。

IMG_9996
IMG_0042

濃密な草木の匂いを吸った空気と、古の時代に迷い込んだような風情ある景色。
広さはあまりないですが、どこを見ても何か厳かな感じを受け、
歩くたびに背筋がピンとなるような神社です。

IMG_0033
IMG_0038

日本サクラ草の名所としても有名で、
見ごろは4月から5月にかけてだそう。


神社の隣には「葛城の道歴史文化館」という施設もあります。

おそばをいただけたり、奥のギャラリースペースでは地面一面に
付近の航空写真が貼られ、見どころや行き方がわかりやすく視覚化されています。
観光MAPなどももらえますのでぜひお立ち寄り下さい。

IMG_9974
IMG_9983



お次は車を10分ほど走らせ、神話の里、高天原へ!



|| 神様が住む場所、高天原



高天原は古事記神話に登場する神様たちが住むとされる天上界のこと。
所在地については諸説あり、御所市の高天は高天原の伝承地として伝えられる場所のひとつです。

その高天原にあるのが「高天彦神社」。

IMG_0062
IMG_0065

車でやや細めの道を上がっていくと、左手になんとも趣のある木の鳥居。
徒歩だったらこちらから上がっていくんですね。
車の場合は鬱蒼とした杉の森をもう少しだけ走ります。

すると突然、目の前がぽっかりとひらけ、
辺り一面風に揺れる稲穂。
そして、きれいに整備された広めの駐車場の前には可憐なコスモス畑が。

IMG_0070
IMG_0078

降り立った瞬間、何とも言えない清々しい気分に包まれます。
この景色をのんびり見ているだけで数時間は過ごせそうな雰囲気。

高天彦神社へは背後にそびえ立つ杉の大木の間を抜けていきます。

IMG_0095

杉の大木から少しだけ見える赤い屋根の社殿。
まるでジブリ映画にでも出てくるような、この景色があまりにも素敵で、
しばし言葉を失いました。


高天彦神社は桜井市の大三輪神社と同様で、
ご神体は神社背後の山(白雲峰)なので、本殿はありません。

小さな神社ですが、とにかく独特の雰囲気があり、
「神さびる」という言葉がピッタリの場所です。

IMG_0121

奈良で日本の原風景が見られる所というと明日香村が思い浮かびますが、
高天彦神社の周りはまさに日本の原風景が今も残っているような場所でした。

IMG_0114
IMG_0139



|| まだまだ続く歴史旅



この他にもこの辺りには、一言だけ願いを聞いてもらえるという「葛城一言主神社」や、
1000体以上もの石仏があることで有名な「九品寺」など、
見応えのある神社やお寺がたくさんあります。

IMG_0223
IMG_0253
IMG_0286
IMG_0341


また界隈には素敵なお店も。

IMG_0164
IMG_0173

築100年を超える郵便局舎にあるtegami cafe。レトロな雰囲気がとてもかわいい!

= tegami cafe =
奈良県御所市名柄326-1 郵便名柄館
0745-60-8386




IMG_0149
IMG_0208

大好きな梅本とうふ店。これ試食?と誰もが驚く素晴らしい試食。豆乳鍋も絶品です。

= 梅本とうふ店 =
奈良県御所市名柄53-3
0745-66-0007





さて、葛城の旅、いかがでしたでしょうか?

御所市から香芝市にかけて葛城山系の東麓に沿って通る
「奈良県道30号御所香芝線(通称:山麓線)」。
特に訪れる場所を決めてなくても、この山麓線を車で走っていると、
様々な道案内の看板が目に入ります。
上記で訪れた神社やお店も、山麓線を走っているだけでちゃんと辿り着く事ができるのです。

お天気が良い日、気ままに車を走らせれば、
自分だけのとっておきの場所が見つかるかもしれません。

ぜひ歴史と自然に囲まれた葛城を訪れてみて下さいね。


◯高鴨神社
[住所]御所市鴨神1110
[TEL]0745-66-0609
[駐車場]有り/バス可
[access]近鉄御所線「御所」→奈良交通バス 五條バスセンター行き(17分)「風の森」→徒歩15分


◯高天彦神社
[住所]御所市高天
[駐車場]有り/バス可
[access]近鉄御所線「御所」→御所市コミュニティバス西コース内回り循環(20分)「高天口」→徒歩20分


◯葛城一言主神社
[住所]御所市大字森脇432
[駐車場]有り/バス不可
[access]近鉄御所線 「御所」→奈良交通バス 五條バスセンター行き(6分)「宮戸橋」→徒歩25分


◯浄土宗 戒那山 九品寺
[住所]御所市楢原1188
[駐車場]有り/バス不可
[access]近鉄御所線「御所」→御所市 コミュニティバス西コース内回り循環(15分)「楢原」→徒歩5分



WRITER

明日香


副編集長
カフェナナツモリオーナー



discovery Nara

奈良のイメージ。「鹿、大仏、修学旅行??」
ちょっと待って〜!奈良って、たしかに京都に比べたらとっても素朴かも。 だけど、まだまだみんなの知らない素敵なトコロがたくさんあります。 歴史、自然、食べ物、人。 「もっと多くの人に奈良を知ってほしい!」とアメヒヨスタッフが立ち上がり、 奈良の魅力をお届けするのがこのコンテンツ。
「奈良、再発見!」がミッションです。

NEWS & EVENTS

ALL