discovery Nara

29

July.2015

/

SWINGING 60s in 奈良! - Jump the Gun -

5701-2

こんばんは、てんです!

本日は「Jump the Gun -Japan-」を紹介いたします。
こちらは英国・ブライトンに本店を構える老舗モッズファッションの専門店。
その世界初の支店がなんとここ日本・奈良にオープンしました。


5829-3
5694-1

近鉄奈良駅からまっすぐ小西さくら通り沿いを徒歩5分。
白×黒のツートンカラーのスタイリッシュな建物が見えてきます。

これから紹介します「Jump the Gun -Japan-」が1Fに、
2Fには姉妹店の英国式ティーラウンジ「BRIGHTON TEA ROOM」があります。




W H A T ‘ S M O D S ?


5595-3

“M O D S”とは ?

「MODS (モッズ)」=Moderns。
60年代初めに英国で発祥した若者文化。
細身の三つ釦スーツに身を包み、パーカーを着てベスパやランブレッタに跨がり、
Jazz、Soul、R&B等の音楽を好み、週末は思い思いのスタイルに身を包み 夜な夜なクラブでダンス。。
お洒落な「族」文化だった。
当時のMods文化を描いた映画では『さらば青春の光』(1979)が有名。


5659
5660-1




J U M P t h e G U N


5599

「Jump the Gun」は、英国はブライトンにある老舗モッズファッションの専門店。
60sの若者たちに好まれたスタイリッシュなアイテムはもちろん、オーセンティックなスーツや、ユニセックスで使える小物も揃っています。
「Jump the Gun」のオリジナル商品は、日本ではここでしか手に入りません。



5669
HAT:ORIGINAL JOHN (JUMP THE GUN 別注)
TOPS & BOTTOMS:JUMP THE GUN
SUSPENDERS:— (MADE IN JAPAN)

5677
SUIT:JUMP THE GUN
SHIRTS:JUMP THE GUN


5709-1

ここでマネージャーを務めるTommyさんはルックスもまさにMODS!
国内外でツアーを行う実力派MODSバンド「Les Cappuccino (レ・カプチーノ)」のフロントマンでもあります。

それにしても「Jump the Gun」初の支店が、なぜ東京や大阪でなく”奈良”なのでしょうか!?

お店の鬩ぎ合う大阪や京都ではなく、奈良の穏やかな町並みに突然イギリスがある方が面白いと思ったのだそう。
あえて古民家型ショップにしなかったことが、大きなインパクトを与えます。
(ちなみにこの物件に出会うまでに2年も探し続けたのだとか。)
また、Tommyさん自身も数年前に古民家暮らしに憧れて奈良に居住しており、 この土地や人々が好きだからというのも理由のひとつのようです。

ですが、決して敷居が高いお店ではないことはお店に行けばすぐわかるはず。
お話をしにふらりと立ち寄る人も多いというだけあって、とっても気さくなTommyさん。
元々60sやMODSが好きな方だけでなく、むしろ今まで知らなかった人にも
当時の英国の完成されたデザインや雰囲気ををありのままに伝えたいとのこと。
5589-1
店主私物のモッズコート。
5803-1
Aertex社製のポロシャツ細身なシルエット。
5605-2-2
60sの雰囲気




T E N’ S C O O R D I N A T E

そして女性がほしくなるアイテムも実はたくさん。(しかもリーズナブル!)
せっかくなので、その日着ていた服装に「Jump the Gun」の小物を合わせてみました。


5779
5785-4

使用アイテム:
SUSPENDER:クリップ式なのでスカートにもパンツスタイルにも。お値段は嬉しい¥1,900〜。
HUT:被りこみがとても深いマリンハット。ジョン・レノンぽく被れます◎ どちらも日本製。

5775-3
サスペンダーはカラーバリエーションが豊富!

5791-6
マリンハットは3色展開。


581

上の方でも紹介している「ORIGINAL JOHN」のハット。
グレーのリボンは「Jump the Gun」別注モデルです。
S/M/Lサイズ展開があるのでジャストサイズを選ぶのもよし、あえて大きめを選ぶのもよし。



5592-2-1
5799-5
5613-3
5654-1


ほかにも男女兼用で選べるアイテムが豊富!!
じっくり店内を楽しんでいただき60s英国に触れてみてくださいね。

今度は「Jump the Gun」の2Fにあります「BRIGHTON TEA ROOM」を紹介しますのでお楽しみに♩




Jump the Gun Japan
〒630-8344
奈良市東城戸町35番地柴田ビル1F西側
徒歩/近鉄奈良線「近鉄奈良駅」から徒歩約5分
定休日 月・火
営業時間 12:00〜20:00
Facebook https://www.facebook.com/jumpthegunjapan


WRITER

てん


編集スタッフ
カメラマン/デザイナー



discovery Nara

奈良のイメージ。「鹿、大仏、修学旅行??」
ちょっと待って〜!奈良って、たしかに京都に比べたらとっても素朴かも。 だけど、まだまだみんなの知らない素敵なトコロがたくさんあります。 歴史、自然、食べ物、人。 「もっと多くの人に奈良を知ってほしい!」とアメヒヨスタッフが立ち上がり、 奈良の魅力をお届けするのがこのコンテンツ。
「奈良、再発見!」がミッションです。

NEWS & EVENTS

ALL