discovery Nara

15

June.2015

/

奈良県吉野の激アツスポット「原木市場」って?

まいど、野生児ひろせです。

昨日は、住んでいる地区のお掃除大会。
ゴミを拾ったり、草を刈ったり……
いいことしてるぞ!ってめっちゃ実感できる日があります。

そんなわたしの担当は道路のゴミ拾い。
近所のおばちゃんと、ぺちゃくちゃ話ながらゴミを拾っていると、
おばちゃんの「ぎょぎょー」という、さ○なクンみたいな驚き声が。
おばちゃんが指差す先を見ると、鹿の死体。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

多分車に引かれたんやろうなー。なんかまだあったかいねー、とか。おばちゃんとどうしようか指南。。




そんなこんなで、「夏の鹿はうまい」だそうで近所のおいちゃんが持って帰りました。
そんな今日この頃。
みなさんいかがお過ごしですか。


アメヒヨでは、毎回奈良のステキなお店やスポットを紹介しています。
今回は、観光スポットではないけれど、
私史上、マニアック度★★★(星3っつです!!)、熱々スポットをご紹介します。




 木の嫁ぎ先を見つける場所

///////////////////////////////////////////////////////////

今まで、山にみまつわるお話はたくさんしてきましたが  前回の記事はコチラ→  
そこから先、どうやってホームセンターなどで販売しているような
製品の状態になるかご存知ですか?

わたしが住む吉野の場合、原木を販売する「原木市場」なるものがあります。
その名の通り、木を「原木のまま」販売する場所。

DSC_0027

この原木市場で、木を魚のように競りにかけ、木を加工する製材所が購入していくのです。



そして、製材所が木を加工し、
例えば、みなさんのおうちの柱になったり床になったりする
製品を作り上げていくのです。

いわば「木の嫁ぎ先を見つける」場所。
そんな原木市場が、今すげー熱い、気がする(笑)のは私だけ?
このおもしろさ、みなさんにお伝えしたく
今回は原木市場の楽しみ方をお届けしたいと思います。




 まさに、原木ワンダーランド
 ずらっとならぶ木、木、木

///////////////////////////////////////////////////////////

吉野町には3つ原木市場があり、
そのうちの2つは毎月2回ほど市をやっております。

市は「振り子」という、市場の職員さんがかけ声をかけて進行していきます。

DSC_0004

木の上に乗っている人が振り子さん。まわりを囲んでいいるのが製材所の方たち。




魚とか、名画競りで落とすときみたいに
「1万円からはじめまーす。」みたいなかけ声を振り子さんがかけはじめ、 原木の販売がはじまります。

step.1

DSC_0026

お客さんは手のサインで金額を指定していきます。

step.2

DSC_0011_1

購入した原木に、誰が、いくらで購入したのかの
印をつけていきます。



ちなみに、指でのサインはこんな感じ。

1

DSC_0058

2

DSC_0054

3

DSC_0055


例えば3万円で購入したいなら、指で3を見せます。
(何万何千円、という半端な額はほとんどないです。)

原木はそもそもですが、スーパーのように値段がついていいるものではありません。
1本いくら、という計算ではなく、
高さ×幅×長さ×金額  で値段を出す、立米計算をします。
ーーーーーーーーー

それでも、ざっと60〜70年生の並材が1本あたり2、3万程度?がだいたいの相場。
原木が安いのか、高いのか?正直私にはわかりませぬ。。。
きっとめちゃんこ安いと個人的には思いますが。


こうして生で原木が販売されるところ見れるって、
結構贅沢。やしおもしろい。
おじさん同士のかけひきや、
もろたってくれよー、みたいな言い合い(笑)
お金の価値とか考える良い機会になると、こちらも個人的に思います。




 普段の市ではない
 年に2回だけのスペシャルでー

///////////////////////////////////////////////////////////

普段の市も十分楽しいのですが、
春と秋、年に2回行われる、原木市があります。

200〜300年かけて育てられた原木がわさわさと並ぶこの市。

IMG_4286

どうすか、このでかさ。人間ちっさ。



実はこの市、知る人ぞ知る名店?名市場。
この日は、日本各地からバイヤーがおしよせます。
熱気がすごいぜ、まさに男のロマン。

今年は10月26日に行われます。
数百万する木が競り落とされる様子のライブ感をぜひ見に来てください(笑)
そして、財布をぱかっと開いて、木を買ってくれるとうれしいです。




いかがでしたか?
今回取材に行ったのは、上吉野木材協同組合。
他の市場の情報ものっけておきますので、
吉野山の観光もい・い・け・ど、マニアックに木の観光はいかがですか?




上吉野木材協同組合
吉野郡吉野町飯貝1314-3
0746-32-2751


吉野木材協同組合連合会 吉野郡吉野町上市2294-1
0746-32-2233

WRITER

ひろせ ゆうこ


編集スタッフ(水曜日担当)
野生児、ときどきデザイナー



discovery Nara

奈良のイメージ。「鹿、大仏、修学旅行??」
ちょっと待って〜!奈良って、たしかに京都に比べたらとっても素朴かも。 だけど、まだまだみんなの知らない素敵なトコロがたくさんあります。 歴史、自然、食べ物、人。 「もっと多くの人に奈良を知ってほしい!」とアメヒヨスタッフが立ち上がり、 奈良の魅力をお届けするのがこのコンテンツ。
「奈良、再発見!」がミッションです。

NEWS & EVENTS

ALL