discovery Nara

02

Apr.2015

/

太古の森を気軽にお散歩・春日山原始林

DSC_4065
こんばんは!明日香です。

突然ですが、奈良にある世界遺産、ご存知ですか??
奈良県民としては誇らしいことに、奈良には世界遺産がなんと3つもあります。

一つ目は「古都奈良の文化財 」
二つ目は「法隆寺地域の仏教建造物 」
そして和歌山、三重とまたがって登録されている「紀伊山地の霊場と参詣道(通称:熊野古道)」。

一つ目の「古都奈良の文化財」を更に細かく見ると、
合計8つの寺院等が世界遺産として登録されています。

東大寺(正倉院を含む)
興福寺
春日大社
元興寺
薬師寺
唐招提寺
平城宮跡
春日山原始林

さてさて、
皆様はいくつ訪れたことがありますか??

奈良在住10年の私が、この中で唯一行けていなかった場所、
それが一番最後の「春日山原始林」。

なんとなく「すごい装備で行かなければいけない」感じがして、
足を踏み出せずにいたのですが、
実は遠方からの観光客の方でも旅行プランに入れられるくらい
気軽に訪れることができる場所でした。

神域として守られてきた、原始の姿を残す森。
「古都奈良の文化財」制覇に向け、
神秘の世界へLet’s Go!




春日大社の神域・春日山


春日山は春日大社の背後にそびえています。
古来より春日大社の神山として信仰の場であったためほとんど人の手が入らず、
また841年(承和8)に出された禁伐令により、いまなお原始性が保たれています。

市街地に近接して原生林が存在することは極めて珍しく、
国の特別天然記念物、また国の名勝にも指定されている貴重な場所なのです。

原始林というとすごい山道を歩くような感じがしますが、
実際はきちんと遊歩道があるハイキングコースです。

名称未設定-1

遊歩道の入口は「北」と「南」があり、どちらも春日大社から歩いていけます。
(今回私が利用した北入口まではたったの5分で到着)

原始林を思う存分体験したい方は、
北入口から南入口までを周遊するコースもありますが、
こちらは全長約9.4km、4時間くらいかかるなかなかのコース。
江戸時代、奈良奉行により敷かれた石畳が敷いてあり、
宮本武蔵も通ったという旧柳生街道を通るルートにも惹かれますが、
どちらもちょっとハードルが高い。

そこで初心者の方におススメするのが北入口から入り、若草山山頂に出るコース。
これだと約4km、1時間半くらいで周ることができます。

というわけで、まずは春日大社の駐車場に車を停め(1回1000円)、
チラッと春日大社も見学。
※公共の交通機関をご利用の場合はJR奈良駅・近鉄奈良駅から奈良交通バス「春日大社本殿行」で終点下車


ちなみに、現在春日大社は20年に一度執り行われる
社殿の修築大事業「式年造替」の真っ最中。
昨日からはそれに伴い国宝御本殿の特別公開も始まっています。
20年に一度しか足を踏み入れられない特別な場所から
御本殿を間近に見ることができる大チャンス。
5月31日までですので、原始林と合わせてぜひご覧ください。
DSCF9248


春日大社から若草山方面に向けて歩くこと5分、春日山遊歩道入口があります。

DSCF9418
DSC_4082

photo Tamura Hiroshi



この日は桜も見頃とあって、奈良公園の至る所に
たくさんの観光客の方がいたのですが、
この付近に来たとたん、全くといっていいほど人がいませんでした。

DSCF9301
足下は歩きやすく舗装されていますが、
中に入ったとたん空気がひんやりと変わるのを感じ、
ここが1000年以上前からほとんど変わらない
神聖な空間であることを意識させられます。

DSCF9295
DSCF9321
DSCF9331

辺りから聞こえてくるのは鳥の声、川のせせらぎ、木々がざわつく音のみ。
さっきまであんなに賑やかな場所にいたのが嘘のよう。

この原始林には800余種からなる多様な植物社会が形成されています。
そして、昆虫、鳥類の動物も豊富に生息しているそうです。

道は緩やかな上り坂になっていますが、
美味しい空気を吸い、周りの景色を楽しみながらゆっくり歩いていくので、
思ったより大変ではありません。

DSCF9329
DSCF9339


そして若草山へ。古都奈良を一望。

休憩なしで歩くこと約40分、遊歩道の終着が見えてきました。
このままさらに春日奥山道路を歩いて遊歩道を周遊することもできますが、
今回は若草山山頂方面に向かいます。
遊歩道から出たらそこはもう若草山山頂の目の前。

DSCF9347
DSCF9358

さっきまで鬱蒼と覆い茂った静寂の森の中を歩いてきたのが一転、
大和盆地を一望でき、多くの方で賑わう若草山に到着です。

DSCF9385
DSCF9377
DSC_4210

落ち着いた重厚感ある暗い森から、
どこまでも広がっていくような空と大地のギャップ。
それがこのコースのとても面白い所でした。

DSCF9404

山頂で、お弁当を食べて一休み。
歩いた後のごはんは本当においしい!

DSC_4225

若草山は山全体が芝生でおおわれていて、三つの笠を重ねたような形になっています。
山麓、一重目、二重目、山頂(三重目)、と分かれていて、
山麓ゲートから上がった場合は30分~40分位で山頂へ到着。

入山料(大人150円 小人80円)が必要となっており、
山頂側から入った場合は二重目に向かう時に料金を支払います。

奈良県外から観光で来られる方にも本当におススメですので、
原始林まで足を伸ばせない方もぜひ若草山には登っていただきたい!

DSCF9442
DSCF9449
DSCF9459

運動不足な私は、一重目から山麓までの最後の下り階段で
若干音をあげそうになりましたが、
約2時間、楽しくウォーキングすることができました。


奈良というとお寺などの歴史的な建造物ばかり目がいきがちですが、
「歴史的」な「自然」もとても面白かったです。

古の人々も見たであろう景色。
神様が鎮座する山。

繋がっていく時間や想いの素晴らしさを感じつつ、
皆様もぜひ悠久の時を感じてみてください。


※若草山の開山期間は、3月第3土曜日から12月第2日曜日です。

WRITER

明日香


副編集長
カフェナナツモリオーナー



discovery Nara

奈良のイメージ。「鹿、大仏、修学旅行??」
ちょっと待って〜!奈良って、たしかに京都に比べたらとっても素朴かも。 だけど、まだまだみんなの知らない素敵なトコロがたくさんあります。 歴史、自然、食べ物、人。 「もっと多くの人に奈良を知ってほしい!」とアメヒヨスタッフが立ち上がり、 奈良の魅力をお届けするのがこのコンテンツ。
「奈良、再発見!」がミッションです。

NEWS & EVENTS

ALL