discovery Nara

06

Apr.2015

/

主役になれる、Fu-ra の日常着《きたまち》

3329-2

こんばんは、てんです!

近頃じわじわと賑わいを見せる、奈良・きたまちエリア。
近鉄奈良駅から徒歩圏内なのに、繁華街の雰囲気が一変するのどかな町並みです。

今回訪れたのは、佐保川と聖武天皇陵のそばに佇む
アトリエ&ショップ「ソーイングギャラリー Fu-ra Box」

「Fu-ra (フーラ)」は布作家の朝田裕美さんと荒木裕子さんの二人で
服飾アイテムの製作・販売をされています。
この日は一人でお店に立たれていた荒木さんとお話をさせていただきました。
(そしてアメヒヨを知ってくださっていて感激!)


3326-1
カウンターの向こうにはミシンが2台。店内のお客さんにも目が行き届きます。


もともとは、木津川で活動されていた朝田さんと荒木さん。

お客さんがよりゆっくりとお店を楽しめる環境だったことや、
アトリエとしてのスペースを十分に確保できることから
2014年の秋、きたまち・多聞町にある古民家に拠点を移しました。

そして、ここ多聞町の雰囲気をとても気に入ったのも理由のひとつなんだそうです。



Fu-ra のものづくり。



3245-1

店内には、リネンやコットン素材を中心とした日常着や服飾雑貨などが並びます。
「Fu-ra」の生み出すものはエプロンやストールなど、普段は主役にはならないアイテムがほとんど。


3242-2

「差し色として使えたり、”これ可愛いね。”と言ってもらえるようなものを、」

そんな想いから、
リネンの風合いを活かすためストールにはシングルガーゼを使用したり、
布を継ぎ接ぎにして彩りを与えるなど
身に着けるのが楽しくなる工夫がたくさんなされています。

いつもの”脇役”たちを “きょうの主役” に仕立てあげてしまうのが「Fu-ra」の魅力。



3308-5

こちらは、レッグウォーマーならぬレッグウェアー。
さらりと着け心地のよいリネンを使用。

荒木さんが提案してくださった
素足にサンダルスタイルなら
軽やかな足元の主役が完成〜♪

秋冬はウール混素材も登場します。






Fu-ra とエプロン。


形やデザインが豊富な「Fu-ra」のエプロンは、様々なお店のユニフォームとしても使用されています。
またエプロンとしてだけではなく、日常着として重ね着を楽しむお客さんも多いそうです。
ここで、「Fu-ra」のエプロンたちを一部ご紹介します♩


エ プ ロ ン ①



I3317-1

荒木さんが着用していたボックススカートに見えるものも実はエプロン。
しっかりした帆布生地に革のベルトが付いています。
メンズライクなデザインは男性も似合いそうですね。
荒木さんのものはカーキグレーですが、使い込まれていてこっくりした風合いになっていました。
(めっちゃかっこいい♡)

3246-3
△手前から、定番のカーキグレー/ライトグリーン/マスタードイエロー。
オーダー会のときは、定番以外の色も選べるとか。
小さなポケットの配色にも注目◎





エ プ ロ ン ②



3260-1
3264-3


両サイドにポケットが付いていて、ベストのように重ね着できるこちらもエプロン。
裏側は、サラリとした質感のリネンコットン。
かわいいバックスタイルは、着ると甘くならないところがgood◎
正面から見るとワンピースのように見える、ロングタイプのものもあります。




エ プ ロ ン ③



3289-7

ストライプ、カーキグレー、ネイビーの3種類のリネンを継ぎ合わせたエプロンは清涼感たっぷり。
紐を正面にまわして結べばまたちがった印象に。
胸元のタックに、裾のアシメトリーなデザイン。
こういったさりげないこだわりは、誰かに気付いてもらえたとき嬉しいですね〜♪



ほかにも、ボタンで留める巻きエプロンや、2種類の布を使ったサロンタイプのものなど
紹介し切れないものもたくさん!
ぜひ店頭でゆっくりご覧いただきたいです。




人が集まり、つながる場所。



「Fu-ra Box」にはオリジナルの商品以外にも作家作品を取り扱っています。
また、お店を入ってすぐの2畳の間は「ひとはこ」という名のギャラリースペースとして設けられています。

「人が集まり、人と人がつながる場所(ハコ)という意味で名づけました。
この『ひとはこ』で色々な作家さんとの企画を展開していき、より多くの方と のつながりができていけばと思っています。」

そう話してくださった荒木さん。
活動場所を移すなど、人とのつながりを大事にするやさしい想いは「Fu-ra」の作品にも深く表れているのでした。


3306-4


3277-4


3337-4


ソーイングギャラリー Fu-ra Box
〒630-8112
奈良市多門町26
徒歩/近鉄奈良駅より18分
バス/奈良駅or近鉄奈良駅より鴻池方面行「法蓮仲町」下車。
   東へ徒歩8分。奈良法蓮郵便局を越えて佐保川沿い左へ入る。
営業日 HPのTOPページにて要確認 ★click
営業時間 月~金 10:00-15:00/ 土 11:00-16:00
駐車場 1台
HP




◼︎ ひとはこ企画「5つのカサナリ」展 ◼︎
2015.4.23(thu)-5.2(sat)


Fu-ra Boxのギャラリースペース「ひとはこ」でのこれからの企画展のご案内です。


宇宙椅子さんと奈良の5人の作家さんのコラボレーションがはじまります。
糸、木、革、真鍮、フェルトの作品たちが、宇宙のボードの上で星のように舞います。


mokora

WRITER

てん


編集スタッフ
カメラマン/デザイナー



discovery Nara

奈良のイメージ。「鹿、大仏、修学旅行??」
ちょっと待って〜!奈良って、たしかに京都に比べたらとっても素朴かも。 だけど、まだまだみんなの知らない素敵なトコロがたくさんあります。 歴史、自然、食べ物、人。 「もっと多くの人に奈良を知ってほしい!」とアメヒヨスタッフが立ち上がり、 奈良の魅力をお届けするのがこのコンテンツ。
「奈良、再発見!」がミッションです。

NEWS & EVENTS

ALL