discovery Nara

30

Mar.2015

/

【奈良町】新生!ボリクコーヒー

3065-1

北欧を思わせるブルーグレーの壁。
鋭い午後の陽光もここではこんなにやさしい。

こんばんは、てんです。
以前こちらでも取り上げました奈良町のカフェ「カナカナ」◼︎click
その姉妹店「ボリクコーヒー」が2015年3月3日、待望の移転オープンしました!!



■ 奈良町のシンボル、「庚申堂」のお隣さん。



3048-1-2
3157-1
移転先は「庚申さん」の愛称で親しまれ、奈良町の中心に位置する「庚申堂」のすぐお隣。

移転を考えていたオーナーの美保さんは、
以前入居していたテナントが立ち退いたことを知り、
「それならぜひ私たちが!」と、特別な場所への移転を決意したそうです。




■ 心機一転!新生ボリクコーヒー。



3093-1

キッチンはオーナーの美保さんとマキさんの二人体制。


実は、新しいボリクコーヒーはスタイルにも少し変化が。
いつもの自家焙煎珈琲やケーキのメニューに加え、”ごはん”が食べられるようになりました。

「気軽に来ていただける、奈良町の食堂のような場所になれば、と思います。
実際にはないかもしれないけど、ごはんの出てくる”北欧の純喫茶”のようなところ。」と美保さん。


3088-1

リニューアルの記念に作ってもらったというエプロン。よく見るとかわいいロゴの刺繍が!(写真をclick)

3094-1

注文は最初にレジで。お水&お茶はセルフサービス。
ここも食堂スタイルです。





■ ボリクの汁定食



image

こちらは「ロシア定食」。珈琲or紅茶付きで1,100円。


お食事メニューは、世界のお料理が楽しめる【ボリクの汁定食】を2種類の中から選択できます。

この日は「ロシア定食 (メインはボルシチ)」と「韓国定食 (メインはスンドゥブ)」。

迷いながらもボルシチに決意が固まりかけた瞬間、
「二人とも酵素玄米ご飯で2キロ痩せたんですよ。」のひと言で、魅惑のご飯が付いた◯◯定食に決定。



スンドゥブ出まーす♪



と、キッチンの奥から聞こえたら、出来たてのスンドゥブがぐつぐつ煮立って運ばれてきます。

(うん、食堂的でいいなぁ♩)

と思っていると、今度は丁寧なお料理の説明があり意表をつかれます。


image

酵素玄米ご飯をスープにどぼんと浸して食べる。ズッキーニの “ジョン” (韓国版ピカタ)が最高でした♩


また、家庭でも再現できるお料理を提供しているカナカナとは異なり、
こちらでは、からだにやさしい無添加の食材にこだわっています。


“庶民的 × スペシャル” の絶妙なバランスに、ついつい通ってしまうこと間違いなしです◎

もうほら、聞こえてきそう。




ボルシチ出まーす♪




3075-3

ボリクコーヒー
〒630-8334
奈良市西新屋町40-1
定休日 月・火曜日
営業時間 12:00〜18:30
駐車場 なし
ボリクコーヒーHP
※ 雑貨コーナーやギャラリーも健在です♪


WRITER

てん


編集スタッフ
カメラマン/デザイナー



discovery Nara

奈良のイメージ。「鹿、大仏、修学旅行??」
ちょっと待って〜!奈良って、たしかに京都に比べたらとっても素朴かも。 だけど、まだまだみんなの知らない素敵なトコロがたくさんあります。 歴史、自然、食べ物、人。 「もっと多くの人に奈良を知ってほしい!」とアメヒヨスタッフが立ち上がり、 奈良の魅力をお届けするのがこのコンテンツ。
「奈良、再発見!」がミッションです。

NEWS & EVENTS

ALL