discovery Nara

17

Mar.2015

/

なら歴史歩き 〜大和郡山城〜

こんばんは!奈都です。

3月27日、もうすぐ姫路城がグランドオープンしますね!
その影響で“お城熱”が上がっている、歴史大好き奈良県民のワタクシ。

ということで本日は、奈良県では珍しい100万石のお城・大和郡山城跡を、歴代城主やお城に関わった人達を振り返りつつ歩いてきました!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA 近鉄郡山駅や、車窓から見えるお城は、奈良県民にはおなじみの風景。鉄ちゃんの気分で一枚…。



大和郡山城と歴代城主

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 大手向櫓(左)と追手門(右)。


10世紀後半、郡山衆によって築かれたとされている平城。
大和郡山は古くから大阪や京都に近い重要な地であり、戦国時代にも、ここを統治すべく、有力者たちの争いが繰り広げられていました。
そんな中、織田信長を後ろ盾にし、大和を統一した筒井順慶が1580年、郡山城に入城します。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////

筒井順慶jpeg

筒井順慶(1549〜1584) 画:編集長


奈良で戦国大名と言えば…の一人。明智光秀とは友人で縁戚関係があり、
彼に織田信長の傘下に入る取りなしをしてもらい、大和の守護大名に!

その後、本能寺の変で信長を討った光秀に味方になるように誘われますが、中立の立場をとり続け、
最終的には羽柴(豊臣)秀吉方につきます。
「洞が峠(ほらがとうげ)を決め込む」という、日和見主義を表すことわざがありますが、
これはこの時の、有利な方に味方しようとした順慶の態度を指したものだそう。

36歳の若さで病死してしまいますが、日和見主義者の代名詞として後世に名を残す事になります…。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////



筒井順慶の入城に伴い、織田信長の命により大和郡山城の工事が行われますが、その際の普請目付(今でいうところの現場監督?)を、あの明智光秀が担当していたそうです。

本能寺の変後、順慶さんはきっと味方についてくれるだろうと信じていた光秀さん。
信長さんを後ろ盾につけてあげた上に、お城の工事まで面倒を見てあげた順慶さんに、まさか裏切られるとは思ってもみなかった事でしょう…。



筒井順慶が病死した翌年は、豊臣秀吉の弟である豊臣秀長が城主となります。

100万石の大名である秀長は、それにふさわしい居城にする為に、大和郡山城を更に大規模に拡大します。



/////////////////////////////////////////////////////////////////////

豊臣秀長

豊臣(羽柴)秀長(1540〜1591) 画:編集長


豊臣秀吉の異父弟。内政、軍事の両面で兄を支えた、縁の下の力持ち的な存在!
秀吉が黒田官兵衛に宛てた手紙には、「弟の小一郎(秀長)と同じくらい心を許しているよ!」という内容の文が書かれていることからも、秀吉の秀長に対する信頼の厚さが伺えます。

秀吉の四国攻めの際は10万人の軍の総大将となり、長宗我部元親を制圧。この活躍によって秀長は、大和国含む100万石を与えられて大和郡山城の城主となります。

温厚で真面目な性格で、家臣からの人望も厚かった秀長さん。
病気により51歳の若さでこの大和郡山城で亡くなりますが、秀長という右腕を失った豊臣秀吉は千利休の切腹、朝鮮出兵、後継者の豊臣秀次一族虐殺と、暴走を始めます…。
秀長が秀吉の暴走を食い止めていたストッパー的存在だったそうです。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////





豊臣秀長時代の大和郡山城の工事に関わったのは、当時、豊臣秀長の家臣であった藤堂高虎
主君を7回も変えて戦国時代を渡り歩いた武将として知られていますが、『築城の名手』としても有名で、高く積み上げた石垣が彼の手がけたお城の特徴です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 夏は草に覆われてしまうので、石垣をじっくりみるなら秋〜春がオススメ!


しかし、奈良には質の良い石材が少なく、石垣を築くための石集めには苦労した模様…。
墓石や石臼、石像、しまいには平城京の羅城門の礎石の一部まで!ありとあらゆる『転用石』がかき集められ、使われています。

なかでも興味深いのは天守台の北側にある、逆さになった状態で石垣の中に埋もれている『さかさ地蔵』
現在、石垣の修復工事中で、残念ながら天守台近くには入れず、見る事ができませんでした…。平成29年3月以降に工事が終わり、再び天守台へ入る事ができる予定です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 天守台は石を加工せずそのまま積み上げる、野面積みの石垣。ワイルドなかっこよさ!!


豊臣秀長は城主となってわずか6年でこの世を去ります。
その後、増田長盛が20万石で入城し、外堀を完成させますが、関ヶ原の戦いで石田三成率いる西軍につき、破れて失脚。
image


徳川家康が関ヶ原の合戦・大坂の陣に勝利し江戸時代に入ると、譜代大名が転々と城主となりますが、柳沢吉里が入城した後は明治維新まで柳沢家が城主となります。
吉里が趣味で飼っていた金魚がきっかけで養殖が始まり、現在の郡山の金魚養殖日本一に発展したそうです。
城内には柳沢氏にまつわる『柳沢文庫』、『柳沢神社』もあります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA




OLYMPUS DIGITAL CAMERA 昭和になってから復元された豊臣秀長時代の追手門。ここから中へ入ると、3月中旬ですが沢山の梅が咲いていました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


そうそうたる歴史上の人物と関わりのある大和郡山城。
豊臣秀吉も、明智光秀もここを歩いていたのかな…などと想像しながら歩くだけでワクワクします!


そしてもうすぐ桜の季節。大和郡山城は『にほん桜名所100選』にも選ばれています。
3月27日〜4月10日には『お城まつり』も開催されるので、ぜひ足を運んでみてください!



大和郡山城跡
奈良県大和郡山市城内町
<アクセス> 鉄道:近鉄橿原線 大和郡山駅下車 徒歩10分
マイカー:西名阪道郡山ICから国道24号線で。梅林門前駐車場(10台・無料)

WRITER

奈都


編集スタッフ



discovery Nara

奈良のイメージ。「鹿、大仏、修学旅行??」
ちょっと待って〜!奈良って、たしかに京都に比べたらとっても素朴かも。 だけど、まだまだみんなの知らない素敵なトコロがたくさんあります。 歴史、自然、食べ物、人。 「もっと多くの人に奈良を知ってほしい!」とアメヒヨスタッフが立ち上がり、 奈良の魅力をお届けするのがこのコンテンツ。
「奈良、再発見!」がミッションです。

NEWS & EVENTS

ALL