家とコミュニケーション

24

Feb.2015

/

004 懐かしさと新しさが同居する家<後編>

こんばんは!奈都です。

前回の続き、H様邸訪問記。
今日はお待たせいたしました、メインのLDKをご案内!



仲間が集う、リビング・ダイニング


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
IMG_5581_convert_20150120232913
IMG_5587_convert_20150120232947
ここに入った時、思わずうわ〜っ!と声をあげてしまいました。
吹き抜けのある、明るくてとっても開放的なダイニングルーム。

お友達が集まってくれるような家にしたかった、とHさん。
優しい木の温もりを感じるくつろぎの空間は、ついつい長居してしまいそうです。




OLYMPUS DIGITAL CAMERA このお家にもともとあったキッチンをそのまま、ダイニングキッチンの中心に。
47年前の、懐かしくて温かいキッチンが、木のぬくもりのあるお部屋にマッチしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 把手のデザインも、昭和レトロな風情。




P1160412 工事前のキッチン。(写真提供:Hさん)
こうしてみると、リノベーション後のキッチンがとても生き生きして見えますね!




OLYMPUS DIGITAL CAMERA 2階のお部屋から、1階の様子が見下ろせる窓。



そして、ダイニングキッチンと続き間になっているリビング。
Hさんが一番力を入れられた場所です!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 天井と床は新しく張り替えていますが、濃い茶色の壁や建具は以前のものをそのまま残したそう。
新旧融合のバランスが絶妙でかっこいい!
カリモクのソファーもとてもお似合いです。




OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA リビングは、趣味の音楽を楽しむ場所に。
ほっと一息ついて、ゆったりとレコードを聴く、贅沢な時間。いいなぁ〜。



そして気になるのが、天井からつり下げられているこの多面体。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA こちらなんと、スピーカーなのです!

奈良で活動されているsonihouseさんの14面体スピーカー「sight」
多面体の形をとる事で、音が四方八方に広がり、自然な音の響きを楽しむ事ができるそうです。
見た目の格好良さもさることながら、リビングに広がる音がとっても心地いい!

このリビングを、みんなで音楽を聴ける場にしたいと考えていたHさん。
以前から心惹かれていたこのスピーカーを自宅のリビングに!と、sonihouseさんに相談をし、配線から設置までしていただいたそうです。

新旧の木材に囲まれたお部屋にもマッチして、かつ空間のアクセントにもなっていて、素敵すぎる!
自然と人が集まる場所になりそうですね。




リノベーションという選択と、覚悟


もう一つ、気になっていた事を聞いてみました。

設計のお仕事もされているHさん。
新築住宅ではなく、なぜリノベーションを選ばれたのでしょうか?



古くても良きものを生かし家に住みたいという気持ちが強かったHさん。
コストの面などもあり、古屋付きの土地を探す事に。

しかし省エネや耐震性等、これから住まいを持つなら新築が良いことは分かっていながら、古い家に住むということの大変さに覚悟する必要がありました。

すでに築47年経つ家に住み続けていくためには、耐久性(耐震)・断熱・設備の更新・内外装の更新が必要なため、
どこまで改修するのかという大きな判断をしなければなりませんでした。

そこで、改修段階の今しか出来ない、耐久性・耐震性を考えた基礎・構造金物の補強、屋根材の葺替え、断熱材の充填を優先させ、外壁の塗り替えや、まだ使える浴室・キッチン・トイレ等の設備はそのまま生かすかたちに。

新しくするところ、古いものを生かすところのバランスをとり、あとはリノベーションの過程を楽しむことを大事に進めていったそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 以前の家の柱をそのまま使用。古傷が、この家の歴史を物語っています。


リノベーションの大半が、仕事の合間をみての大工さんとの共同作業でもあったそうで、
昨年の春先の屋根葺き替えからスタートし、しばらくの間を置いてお盆休みの工事、秋以降はお休みを利用しての工事となり、ようやく年末に竣工にこぎつけることが出来て感無量だったそうです。




リノベーションの大変さも十分に検討した上で、好きな『古き良きもの』を生かし、この先ずっと付き合って行こうという覚悟と、Hさんの家に対する愛情がひしひしと伝わる、魅力に溢れた素敵なお住まいでした。

この家も、大事にしてくれるご主人と出会えて、第二の生活を歩み始めることができてきっと喜んでいることでしょう。

これからどんな暮らしの物語がはじまるのか、とても楽しみです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA メッセージ
住まいは共に生きていくということ。
大切にその都度手を加えながら育てていきたいです。



image

【date】

設計施工 住宅設計工房OAKS
築年数 47年
構造 木造在来軸組工法
敷地面積 330.34㎡(99.92坪)
1階 117.59㎡(35.6坪)
2階 34.31㎡(10.4坪)

【オーディオ】

sonihouse
http://www.sonihouse.net

【写真・文】
奈都



□アメカヒヨリカでは、 取材、撮影させていただける個性的な家を募集しています!

WRITER

奈都


編集スタッフ



家とコミュニケーション

家にはそれぞれ性格があります。
家は住む人をとってもよく表しています。
家とコミュニケーションは、いわゆる「お宅訪問」のコンテンツになりますが、家や間取りを紹介してゆくだけではなく、住む人が家をどのように捉えて関わっているのかにスポットをあてています。《家はすなわち人》あなたにとって家(もしくは居住空間)ってどんな存在ですか??

NEWS & EVENTS

ALL